妊娠がわかっても諦めずに挙げた結婚式は今でも良い思い出【体験談】

妊娠している時に結婚式を挙げるのは体調などを考えると少し躊躇してしまうかもしれません。ですが結婚式を挙げることは一生のうちにそう何度もないはず。「妊娠しているから」と言って諦めず、どうやったらできるか?を考えて準備を進めていくといろいろなことが見えてくるかもしれません。きっと素敵な思い出になりますよ。

式をしなかったと後悔したくなかった

マタニティウエディング結婚式の準備期間:3ヶ月程度
結婚式をした場所:福岡県
式を挙げたときは:妊娠5ヶ月
結婚した時の年齢:27歳

結論としては妊娠中でも結婚式は「して良かった」と思います。初婚で初めての妊娠でしたが、「式をするんだ」と勢いで夫と二人で協力しながら進めました。

実母は入院中だったため、結婚式の段取りは全て夫とふたりで決めました。結婚情報誌を読み、過剰なおもてなしは出来にないにしても、来て頂いた方々に失礼の無いようにと必死でした。

あまり後悔をする性格ではありませんが、もし結婚式をしなかったら、何かにつけて「挙式をしなかった」と寂しい気持ちにもなったと思います。

長い時間が経った今でも良い思い出

マタニティウエディング

マタニティウエディング

挙式当日は、妊娠5カ月であまり体調は良くなかったのですが、周りの方々にサポートしていただき、終始笑顔でいることができました。結婚式は人生の中でそう何度も挙げるものではありません。私にとっては一度のことなので「妊娠しているから」ということ理由に諦めずに良かったと思います。

結婚式当日は夫と私の家族と友人たち、そんなに大きな結婚式ではありませんでしたが、来てくださった皆様に新しい命も祝福してもらえ、とても幸せな時間でした。妊娠してから籍を入れて、挙式をするとなると周りへの挨拶なども気を使うところですが、結婚式を挙げられたことでお世話になった方へのお礼もできたのではないかと思っています。

当時お腹にいた赤ちゃんはもう高校生になっていますが、結婚式のことは今でも良い思い出になっています。おそらく、あの時に結婚式をしなければ、その後することはなかったと思います。

妊娠中は体調もすぐれない中、結婚式をすることに躊躇してしまうかもしれませんが、人生の中ではそんなにはないことです。周りの方の助けも得ながら是非トライしてみてください。きっと一生の良い思い出になりますよ。