妊娠がわかってからあっという間の挙式、産前でよかった!【体験談】

妊娠中に挙式、披露宴をする場合は体調が落ち着てい来る妊娠中期が良いと言われています。妊娠後期はお腹も大きくなり、足元も見えにくくなってしまいます。体に負担もかかってしまうので、スケジュールは少しきつくなりますが、できれば安定期と呼ばれる妊娠中期に挙式をしたいところです。

妊娠がわかってからすぐに挙式・披露宴探し開始

マタニティウエディング結婚式の準備期間:3ヶ月程度
結婚式をした場所:千葉県
式を挙げたときは:妊娠6ヶ月
結婚した時の年齢:33歳

私の場合は、妊娠6ヶ月目で挙式・披露宴をしました。妊娠判明後、両親からは「挙式は子どもが産まれてから、もしくは近しい親族のみでもいいのでは」と言われましたが、出産前に披露宴をしたかったため、準備を始めました。

お腹が大きくなる前にドレスを着たかったこともあり、安定期に入ってすぐに挙式ができるよう、なるべく早く挙式ができる場所を探しました。新郎側の親族は遠方からの出席となると前宿泊施設が併設されている場所であることを条件にネットの口コミなどで探しました。

いろいろ探したのですが、妊娠初期で体調がすぐれなかったのと仕事が忙しい時期が重なってしまい、結局は一番最初に訪問したところに決めました。

ウェディングドレスとカラードレスはマタニティ用を着用

マタニティウエディング

マタニティウエディング

披露宴ではお色直しで和装で登場するのが憧れだったのですが、身体の負担を考え、前撮り時に白無垢・打ち掛けを着用することにしました。和装はとても重たいので、妊娠中の披露宴には向かないと思います。

本番の披露宴では、ウェディングドレスとカラードレスを着用しました。ドレスは両方マタニティ対応のものを選びましたが、やはり多少は選択肢が狭まってしまうのが残念でした。

安定期を迎えてからの挙式だったので、式中に体調が悪くなることもなく、無事披露宴・2次会も終えることが出来ました。周りの方にもいろいろと協力していただいたおかげで、最後まで無事に終わらせることができたと思っています。

産後は忙しかったので産前に挙式ができてよかった

妊娠中に挙式・披露宴をするとどうしても体調が優れなかったり、日程が詰まるため、じっくりと自分で準備できないこともあるります。ですので、産後に落ち着いてから、じっくりプランを練って挙式をするというのも良いと思います。ただ、産後も産後で相当忙しいので、それどころではなくなって機会を逃してしまうかもしれませんが。

今回、周囲の方々が、私が妊娠していることでいろいろと気を遣っていただき、申し訳ないような気持がありましたが、たくさんの方から祝福の言葉をもらい、多少バタバタしてても式を挙げてよかったと思いました。

私は産後は相当忙しかったので、時間の比較的ある妊娠中に式ができたことは良かったと思います。赤ちゃんと一緒にバージンロードを歩くというのも素敵ですが、うちの子は元気が良すぎるのでそれも大変そうです。