挙式の準備中にわかった妊娠、3人のウエディングも良い思い出【体験談】

結婚、そして挙式の準備をしているときに赤ちゃんが授かるということもありますよね。妊娠中の挙式は体調管理など大変なこともたくさんありますが、赤ちゃんと3人であげる結婚式も一生の思い出になりますね。

楽しみにしていたマタニティウエディング

マタニティウエディング結婚式の準備期間:6ヶ月程度
結婚式をした場所:北海道小樽市
式を挙げたときは:妊娠6ヶ月
結婚した時の年齢:28歳

入籍してからゆっくりと結婚式の準備をしようと思っていたところ、その準備途中で妊娠していることが分かりました。

計算すると結婚式には6ヶ月ですが、目立たない人はそれ程まだ目立たない時期だから大丈夫かなと思っていました。

悪阻も終っている頃だから、マタニティウェディングも良いかなと少し楽しい気分でいました。結婚式当日まで半年あったので、準備期間も十分です。妊娠と結婚式という楽しいことが2倍に感じていました。

ただ一つだけ残念だったのは、私が着たかったタイプのドレスではさすがにお腹が目立ってしまうため選ぶことができなかったことです。

その式場自体がマタニティドレスの準備があまりなかったため、着れるドレスに限りがありました。結局気に入ったドレスの大きいサイズをサイズ直ししてもらって着ることになりました。

サイズが大きいと丈も多少長いのか、妊娠中だというのに有り得ないくらいの高さのヒールを履くことになってしまいました。

赤ちゃんも一緒のウエディングはやはり良い思い出

マタニティウエディング

マタニティウエディング

当日はお腹の赤ちゃんは大人しく眠っているのかそれほど胎動もなくつい妊娠中だということを忘れてしまうほどでした。

妊娠してしまうと結婚式をしようかと諦めてしまう人もいるかも知れませんが、お腹の赤ちゃんと一緒の3人でのウェディングもステキですし良い思い出です。

生まれてきた子が大きくなった時にも写真を見せて「ここにあなたがいるんだよ」と話しています。

生まれてから改めて式をした場合、産後の経過によっては難しいということも考えられます。私も一人目は難産だったのでそんな余裕もありません。

妊娠中は女性ホルモンもしっかり分泌していてきれいになるものなので、良いタイミングだったかなとも思います。