妊娠7か月でのマタニティウエディング、一生の思い出に【体験談】

人気の結婚式場を予約し、準備中に妊娠がわかることもありますよね。妊娠7か月となると、お腹もずいぶん大きくなる頃になりますが、妊娠していると事前に周りに伝えることでスムーズに安心して結婚式を挙げることができます。

不安だらけの妊娠7ヶ月でのマタニティウエディング

マタニティウエディング結婚式の準備期間:10ヶ月程度
結婚式をした場所:東京都 アイビーホール(青山学院内の結婚式場)
式を挙げたときは:妊娠7ヶ月
結婚した時の年齢:28歳

私の妊娠が判明したのは結婚式場の予約を取って間もない頃のことでした。

確かに妊娠中の結婚式には不安もありましたが、なかなか予約の取れない人気の式場をやっとのことでとったこともありましたし、このタイミングを逃せば、もう結婚式を挙げるチャンスがなくなってしまうといった気持ちもあり、妊娠7か月目とは重々承知で結婚式の準備を行いました。

結婚式を挙げるまでで心配だったことは当日の体調や体の変化の予測がつきにくかったこでとです。

私にとっては結婚式も初めてのことでしたし、妊娠しておなかに赤ちゃんを持つ状態も初めてのことです。そのため結婚式当日の自分の体のことを思うとかえってナーバスになってしまうので、むしろあまり自分が妊娠していることを意識しないようにして、結婚式の準備は進めていきました。

妊娠を周りに伝えておくことで安心できる

マタニティウエディング

マタニティウエディング

結婚式の2週間前、最終的にドレスのチェックをしたのですが、元々予約していたものがおなかが大きくなりすぎたため、サイズオーバー。

そのためおなか回りのゆったりとしたデザインのドレスに選び変えなくてはならないといったハプニングもありましたが、すべて周囲のスタッフは主人が上手く立ち回てくれて、私自身が苦労することはほとんどありませんでした。

結婚式当日は様々な不安はあったものの、体調も安定していたので、大きなトラブルなく終えることができました。

私が妊娠しているのをスタッフさんたちも知っていたので、常にそばに椅子を用意してくれたり体調を気遣ってくれたことは感謝です。

おなかに赤ちゃんがいても、結婚式はやったほうがいいと思います。周囲に事前に伝えておくことで、大きなおなかであっても安心して式が挙げられますよ。

一生に一度の結婚式を、親子3人で挙げられたことに今振り返っても幸せを感じています。