プロのサポートでできた準備期間1ヶ月半のマタニティウェディング【体験談】

妊娠がわかり、そこから結婚式の準備ともなるとどうしてもバタバタしてしまいます。特に仕事をしているとなかなか時間も取れないですよね。全部自分たちでやろうとするととても大変。妊娠している不安定な時期こそ、結婚式はプロに任せて、ゆったりと過ごすのも方法の一つです。

マタニティウエディングのプロに相談することに決定

マタニティウエディング結婚式の準備期間:約1か月半程度
結婚式をした場所:マーカススクエア神戸
式を挙げたときは:妊娠7ヶ月
結婚した時の年齢:28歳

私たちは、いわゆる授かり婚でした。発覚して、親への挨拶なんかをしていたらあっという間に時が経っていきました。それもあって、当初結婚式は子供が生まれてからしようかな、なんて考えていました。

しかし、突然、父の海外転勤が決まり、そんなに簡単には日本へ帰って来れない!と言われ、それなら、早めに結婚式しよう!という旦那様の一言で、ドタバタの準備が始まりました。

といっても、何から始めたらいいのかも分からなかったので、まず「ハナユメ」がオススメだとの友人からの助言でさっそく行ってみることにしました。

そしたら、びっくりしたことに式場に直接見学に行くよりも格段に安く式を挙げることができるとのことでした。

また、妊婦ですと伝えると、負担が少ないように、と配慮した会場をオススメしてくれ、見学予約等もしてくれるので、とっても楽ちんでした。

短い期間だけどプロのサポートでできたマタニティウエディング

マタニティウエディング

マタニティウエディング

妊婦さんであれば8か月までに式挙げた方が体に負担がかかりにくいよ、とのことだったので、時間もあまりなく約1か月半という準備期間にビビりつつも、プランナーさんを信じて会場を決定しました。

最初に希望を伝えると、あとはプランナーさんが「こんなのどう?」といろいろと提案してくださり、流れもスムーズにいくように調整してくださったので、私たち新郎新婦といえば、思ったよりもゆっくりと挙式までの時間を過ごすことができました。

正直、こんな短い準備期間でちゃんとできるのかな?と思っていましたが、さすがプロは違います。

当日は、流れに身を任せるだけで、挙式から披露宴、2次会とあっという間の1日でした。それでも、両親や祖父母が喜んでくれ、いつもは言えない感謝の言葉を伝えるいい機会になり、先延ばしにせずに結婚式をしてよかったな、と思いました。