妊娠が発覚、予定していたプランがすべて変更 (涙)【体験談】

式場の予約をしてから妊娠がわかると、式場や日程なども変更しなければいけなくなることもあります。マタニティウエディングは妊娠8ヶ月くらいまでが最適といわれていますので、できればその時期までには式を挙げられるように準備をしたいもの。せっかく予定してたものが変更になり、悲しい気持ちもありますが、赤ちゃんと3人で迎えるウエディングはまた格別なものになるはずです。

予定していた式場もドレスもすべて変更

マタニティウエディング結婚式の準備期間:3ヶ月程度
結婚式をした場所:ルイガンス
式を挙げたときは:妊娠7ヶ月
結婚した時の年齢:33歳

私には、付き合って4年の彼がいました。彼と11月ごろに結婚式を挙げる準備をしていたのですが、春になると、妊娠していることがわかりました。

私は、準備期間も短いこともあり、出産後の式がいいかなと思っていたのですが、母からの「式は出産前にきちんとあげなさい。」との助言で、急きょ7月に式を挙げることになりました。

まずは、式場の予約変更から。せっかく11月の大安で日取りのいい日を予約していたのですが、それも変更することになってしまいました。

日数が少ないこともあり、なかなか大安でいい日はもうすでに予約が埋まっていました。また、おさえておいたドレスも変更しなければならず、ドレスとのかねあいもあって、式場の日程決めは妥協の連続になってしましました。

式の準備は大変、でも産後の方が厳しいと感じた

マタニティウエディング

マタニティウエディング

ようやく日程が決まってからは、そこからは猛スピードでの結婚準備スタート。招待状は通常三か月前には送付するのが一般的ですが時間がないため、式の一か月前くらいの送付になってしましました。

そのほかの、席次表つくりや、オープニング、エンドロールの映像作成。式で使う曲選び。式場のお花決め。などなど、通常1年くらいかけてじっくり決めていくものを、賞味3カ月で決めていかなければならなかったので、ほんとうに大変で、式までの1か月は毎日準備に明け暮れ、式までの一週間は小物の手作りや、メッセージ書きで徹夜の日々でほとんど記憶がありません(笑)

ドレスも本当はサイズをおとしてもらう予定だったのですが、反対に、お腹も大きくなりサイズアップをすることになりました。

式までは準備などが本当に大変で、ドレスももっと痩せているときに着たかったな、と思ってしまうこともありましたが、今は、出産前にきちんと式を挙げてほんとによかったと思っています。

おなかのなかの赤ちゃんと一緒に式をあげることができたし、なにより出産後子育てをしながら式の準備をするのは、正直厳しいなと感じました。

だから、授かり婚の方には、ぜひぜひ出産まえに式を挙げることを私はおすすめします。