お腹の中の赤ちゃんと一緒にできたマタニティウエディングは感動的【体験談】

結婚が決まり、式場を決めた後に妊娠がわかることもあります。周りのスタッフさんに妊娠を伝えることで、ドレス選びや当日の段取りなどもしっかりフォローしてもらうことができます。赤ちゃんと3人の結婚式、家族最初の大イベントとして一生の思い出になることは間違いありません。

もともと選んでいたドレスも着られた結婚式

マタニティウエディング結婚式の準備期間:6ヶ月程度
結婚式をした場所:東京都 ラヴィクレール
式を挙げたときは:妊娠6ヶ月
結婚した時の年齢:26歳

式場も決定し、結婚式の4ヶ月前、ちょうどドレス探しをしていた頃に妊娠していることが発覚しました。

初めての妊娠に嬉しい気持ちでいっぱいでしたが、挙式する頃は妊娠6ヶ月でどのくらいお腹が大きくなっているのか見当がつかず、選んでいたドレスを着ることができるのかと不安もありました。

ドレスショップの方に相談すると、6ヶ月だとお腹が出る人は結構目立ってくる時期だということで、念のためワンサイズ大きいドレスも抑えていただけることになりました。

私の場合は、もともと選んでいたサイズのまま着ることができ、たまたまお腹が目立たないようなウエストの切り替えが胸の下あたりになるデザインだったため、綺麗なシルエットを保てたと思います。

また、お腹を締め付けすぎないよう下着やドレスの着方を工夫してくださったおかげで安心して着ることができました。

お腹の中の赤ちゃんと一緒に撮れた写真

マタニティウエディング

マタニティウエディング

もう一点不安に思っていたことは、つわりなどで体調がどのように変化するかでした。

体への負担を考え二次会はしないことや、招待する方々にはあらかじめ妊娠していることをお伝えし、当日体調によっては席を外してしまうことがあるかもしれないことをお詫びしておきました。

このようにお伝えしていたことで、体に無理なく落ち着いた式ができたのは良かったと思います。当日は緊張もしましたが、体調も良く過ごし、結婚式をして本当に良かったと思います。これまで育ててくれた家族に感謝を、そしてこれから親になる自分の決意を伝えることができました。

そしてカメラマンさんが、私と夫とで私のお腹に手を当てるポーズで写真を撮ってくださり、子供が大きくなったら「この時あなたはママのお腹にいたんだよ」と伝えてあげられる素敵な写真が残りました。

披露宴を終えてお客様を送り出した後で、緊張が解けたせいか少し具合が悪くなってしまいましたが、式場スタッフさんが迅速に対応してくださり、ドレスを脱いで休ませてもらえたことですぐに回復しました。

式場スタッフの皆さんのご配慮、ご協力にも本当に感謝しています。お腹の赤ちゃんも一緒に幸せなひと時を過ごせて、私たち夫婦にとってかけがえのない思い出となりました。