妊娠がわかって1ヶ月早まった結婚式【体験談】

挙式の日程を決めてから妊娠がわかることもあります。決められた日程によっては、出産日にあまりにも近くならないように時期を早めたほうが良いこともあります。できればつわりが落ち着き、妊娠5ヶ月から7ヶ月くらいの安定期がおすすめです。マタニティウエディングを決めたら、担当の産婦人科医に話しておいたほうが安心です。

妊娠がわかり式を早めることに決定

マタニティウエディング結婚式の準備期間:6、7ヶ月程度
結婚式をした場所:宮城県 ホテルグランドプラザ浦島
式を挙げたときは:妊娠7ヶ月
結婚した時の年齢:25歳

式を挙げる半年前、結婚式の予定を立て、挙式日も決め、徐々に式の準備をゆっくり初めていこうとした時のことでした。まさかの妊娠が発覚。義理の両親は、式を早めた方がいいとのことでした。

せっかく挙式日や、準備をしていく予定を立てたのに、式場のスタッフに「妊娠したから早めて欲しい」と言うことが、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。

でも、思い切って言ったところ、快よく対応してくださり、式を1ヶ月早めることに。

式の準備まで、悪阻などで体調が悪く、この体調で式をあげられるのか、「もし、切迫早産の可能性が出て、式を挙げられなくなったらどうしよう…」「式中に具合悪くなったらどうしよう…」と、色々考えてしまい、不安な時もありました。

産婦人科の担当医にも結婚式のことを伝えることも大切

マタニティウエディング

マタニティウエディング

式場のスタッフさんたちは、妊婦の私を、打ち合わせに行く度に体調を気遣ってくれました。「式中に具合悪くなった時は、スタッフに声をかけてください。」「体調をみて、式を進めていきましょう。無理な時は、キャンドルサービスなどカットすることはできますからね。」等言われ、私が不安だったことが、すっと安心に変わりました。

妊娠してることを、ちゃんと式場のスタッフに言うことをオススメします。

それによって対応が違うので…あと、産婦人科の先生には、検診の度に相談していました。

私は、切迫早産の危険性もなく、特に問題はなかったので良かったです。これから式を考えている方は、先生に式を挙げてもいいかどうか、挙式日などを早めに話した方がいいと思います。

無理をしては、赤ちゃんに負担がかかるので…式当日は、悪阻も5ヶ月頃から落ち着いてきたので体調も良く、お腹が張ることもなく、無事に結婚式を挙げることができました。

式中、ちゃんとスタッフに事前に話していたので、祝辞の際は立たず、座って聞いたり、ちょっと長い時間立っていても、「大丈夫ですか?疲れるので座ってください」と椅子を用意してもらったりしたので、あまり疲れることもなく、無事に式を挙げることができました。おかげさまで、素敵な結婚式になりましたよ。