富山県富山市の安産祈願 – 富山縣護国 (とやまけんごこく) 神社

富山縣護国神社は、国を守るため戦争で亡くなった富山県出身の御霊を中心に約2万8千柱あまりが祀られた神社で、今では毎月第一日曜日に開かれる「青空のみの市」でも有名な場所です。

「青空のみの市」でも知られる 富山縣護国神社

もともとこの付近一帯は戦国武将佐々成政公の別園でしたが、そこへ明治45年に富山県が「富山県招魂社」として神社を創立しました。しかし昭和20年8月の富山大空襲により神社は完全に焼失、同22年に仮社殿が建てられ、同29年に現在の社殿が完成したものです。

神社には戦災で亡くなられた方をはじめ、地域の発展、治安維持等に尽力しつつ亡くなった公務殉職者の御霊も祀られています。

昭和59年に当神社で第1回目が開かれた「青空のみの市」は、すっかり富山の名物イベントに成長しました。骨董、家具、衣類などにとどまらず、地元特産の海産物や野菜、果物を売る人たちまでが軒を並べ、お宝目当て以外にも足を運ぶ人で毎回賑わっています。

富山縣護国神社での安産祈願

富山縣護国神社では、安産祈願のご祈祷をしていただけます。基本的に個人のご祈祷は予約の必要がなく、毎日午前8時30分から午後5時まで受付しています。

当日は祭事、結婚式等がないかどうか、ホームページの「祭典行事予定表」で確認してから来社されるといいでしょう。

初穂料は5千円から1万円ほどですが、これもあらかじめ神社で決まっているものではないそうです。また腹帯をお持ちの方はいっしょにお祓いしていただけます。ぜひご家族そろってお参りされることをおすすめします。


富山縣護国神社詳細

http://www.toyama-gokoku.jp/

富山縣護国神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒930-0077 富山県富山市磯部町1丁目1?17
電話番号:
076-421-6957
受付時間:
8:30〜17:00
祈祷料:
5千円から1万円
最寄り駅:
JR富山駅より市内電車で富山大学ゆきに乗車、安野屋電停で下車後徒歩3分
JR富山駅よりバス、コミュニティバスまいどはやの中央ルートで護國神社で下車
車でのアクセス:
富山ICより国道41号線を富山市街地方面へ 一番町交差点を左折2分
駐車場:
有り 無料 40台
公式サイト:
http://www.toyama-gokoku.jp/

富山縣護国神社周辺のグルメ・おすすめランチ

現在表示できる情報はありません。

スポンサーリンク
関連記事