fbpx

戌の日の安産祈願のこと

戌の日の安産祈願のこと

最新版【2020年の戌の日】 事前に計画を立てて混雑を避けるのがポイント!

昔から妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願をするのが習わし、とされています。本当は妊婦さんの体調に合わせるのがベストですが、事前に2020年の戌の日をチェックしておきましょう。
戌の日の安産祈願のこと

安産祈願は誰と行くべき?上の子や義理の両親は必須?!

安産祈願は誰と行くべき?!夫や上の子、そして義理の親は呼ぶべき?!実親はどうする??じゃあ支払いはどうするの?!そんな疑問をひとつずつ見ていきます!
戌の日の安産祈願のこと

安産祈願のマナーとは?初穂料や祈願料の目安、適した服装やお礼参り

戌の日の安産祈願。いざとなると知らないことが多くあります。神社やお寺へ行く服装や初穂料、祈願料、どうすればよいのでしょうか?いろいろ悩んでしまいますよね。日本古来の習慣ですが、あまり堅苦しく考えず祈祷を受けましょう。
戌の日の安産祈願のこと

初詣で安産祈願をする場合の注意点をチェックしておこう!

初詣に行く際、安産祈願を考えている方、安産祈願の腹帯や御守りなどが欲しいと考えている方のために、年始に安産祈願へ行く場合の注意点をご紹介します。
戌の日の安産祈願のこと

暑い夏に安産祈願に行くときのママ・パパ・子ども・両親のおすすめ服装と持ちもの7選

とにかく近年の夏は暑いですよね。神社やお寺の中にはエアコンがないところもあるので、熱中症になってしまう恐れもあります。あまりにも暑い日は外出を控えることが一番ですが、神社やお寺の木陰で涼をとりながら安産祈願、というのもいいですね。夏に安産祈願に行くときに避けるべき服装やおすすめの服装、持っていくべきものなどをご紹介します。無理することなく、お出かけくださいね。
戌の日の安産祈願のこと

寒い日に安産祈願へ行く場合に注意したいこと

最近は待合室なども冷暖房完備、祈祷を行う本殿も椅子があり、妊婦さんにとって祈祷を受けやすい環境が整っているところが多くなってきましたが、全てがそうとは限りません。
戌の日の安産祈願のこと

知っておきたい腹帯のこと、腹帯を使い始める時期とおすすめの腹帯

日本では古来より妊娠5ヶ月になる最初の戌の日に安産祈願をして腹帯を巻きはじめるという風習があり、妊娠中期頃から腹帯を使い始める妊婦さんも多くいます。これから出産まで使う腹帯の種類や特徴、安産祈願の持ち込みにおすすめの腹帯などをご紹介します。
戌の日の安産祈願のこと

どうして妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願するの?

戌(いぬ)の日に日本では古くからの風習として、妊娠5ヶ月の安定期に入ったときに腹帯を締めて母子の健康を祈り」安産祈願を行います。戌の日はなんとなく知っているけれど、どんなことをするの?どうして戌の日に安産祈願するの?実は知らなかったことがあるかも。戌の日について詳しくご紹介します。
戌の日の安産祈願のこと

先輩ママたちはどうだった?戌の日の安産祈願の体験談

戌の日の安産祈願の神社へのお参り。他のママたちはどのように過ごしたのでしょうか?祈祷をしてもらっているとやはりおなかの中の子を大切に、元気に産もうという気持ちが高くなってくるようですね。一生のうちに何回もあることはないかもしれません。一度経験してみるのも良いですね。
タイトルとURLをコピーしました