fbpx

初詣で安産祈願をする場合の注意点をチェックしておこう!

一年のうちに神社や寺院にお参りすることはどのくらいあるでしょうか?初詣に行く際、安産祈願を考えている方、安産祈願の腹帯や御守りなどが欲しいと考えている方のために、年始に安産祈願へ行く場合の注意点をご紹介します。

年始は時間・日程にご注意を

初詣は昨年無事に過ごせたお礼と、その年の幸せと健康を願い年の初めに参詣することです。

元旦や三が日、7日までの「松の日」までに訪れることを初詣と呼ぶことが多いようです。昔は元旦にお参りすることが多かったようですが、近年は混雑を避けるため、少しずらして参詣する人も多くなってきていますね。

年始、特に「松の内」と呼ばれる1月7日までは初詣に訪れる方が多く、神社や寺院は大変混み合います。

年始は時間・日程にご注意を

年始は時間・日程にご注意を

今年出産を予定されている方は、初詣も兼ねて安産祈願の祈祷を希望される場合もあるかもしれません。

この時期、混雑のため祈祷の時間も通常と異なったり、予約制になったりすることがありますので、年始に安産祈願のご祈祷を希望される場合は事前に問い合わせておいた方が安心です。

一度スケジュールを確認しておきましょう。予約をしている場合も周辺の道路の混雑、参道の混雑なども考えられますので、時間に余裕を持って出かけた方が良いですね。

元旦・お正月は混み合うので冷えないように暖かくしよう

年始の神社・寺院は大変混み合います。

参拝するために列に並んだり、人が多いためなかなか進めなかったりと、思うように動けずに体が冷えてしまうこともあります。

温かくしよう

温かくしよう

妊娠中は特に体が冷えやすくなります。妊娠中はホルモンバランスの変化で体温調節がうまくできなくなり、妊娠中期頃からお腹が出てくるため、姿勢が崩れて血行が悪くなってしまうためです。

妊娠していると体全体に血が回りにくく冷えやすくなってしまうのです。

妊娠していた頃は冷えとは無縁だったから、、とは思わずに、いつもより一枚多く、マフラーやストール、手袋や帽子、ホッカイロなどをプラスして持って行くようにしましょう。

特に安産祈願の祈祷を受けられる場合、待合室が冷え込んだり、祈祷時に直接床に座らなければならないということもあります。

特に下半身が冷えないように、腹巻をつけたり、厚めのタイツを履いていくと良いでしょう。

体が冷えると、便秘、腰痛等になりやすく、足もむくんでつりやすくなります。お腹も張りやすくなるので、妊娠中は冷えに注意してし過ぎるということはありません。

冷えがひどくなると、血行が悪くなり赤ちゃんの体も冷えてしまい切迫流産の可能性も出てきてしまうので、しっかりと体を暖めるようにしましょう。

妊娠中の冷えは良いことは一つもありません。

身体を内側から暖めるように、温かい飲み物を水筒に入れて持って行くのもいいですね。

階段や坂道が多いので妊婦さんは特にご注意を

神社やお寺は山の上、小高い丘の上にあることが多く、坂道や階段があるところが多くなっています。妊娠中期ごろからお腹も大きくなり、足元が見えにくくなります。十分注意して歩いてくださいね。

歩きやすい服装、そして足元もスニーカーにすると良いでしょう。

有名な寺社ではお正月は境内だけでなく、駐車場や周辺地域も混み合います。駐車場から長い坂道を上らないといけない場合も出てくるかもしれません。多少の運動は妊婦さんにも赤ちゃんにもプラスにはなりますが、気温も低く、道も凍結する場合があるので、無理はせずに、体調を一番に考えてくださいね。

お正月・元旦に妊婦さんが初詣・安産祈願をする場合の持ち物

では、お正月・元旦に妊婦さんが初詣や安産祈願に行くときに持っていると便利な持ち物をまとめますね。荷物はあまり重くなりすぎないように。(旦那さんに持ってもらうほうが良いかもしれませんね)

  • 腹帯 (安産祈願でお祓いをしてもらう場合)
  • 祈願料 (相場は5,000円程から)
  • ホッカイロ
  • マフラー・ストール
  • 手袋
  • 上着 (暖かいもの)
  • 母子手帳 (もしもの時のために)

お正月・元旦は雪が降ったり、かなり冷え込むので暖かくして、そして、無理をしないようにお参りをしてくださいね。

安産祈願に関するマナーや初穂料についてはこちらの記事でも詳しく解説しているので一度見てみてください。

安産祈願のマナーとは?初穂料や祈願料の目安、適した服装やお礼参り
知っておきたい腹帯のこと、腹帯を使い始める時期とおすすめの腹帯
どうして妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願するの?
先輩ママたちはどうだった?戌の日の安産祈願の体験談

スポンサーリンク
関連記事