fbpx

マタニティフォトやお宮参り・ニューボーンの写真を撮るなら!利用すべき撮影サービス3選

お腹の中に新しい命が宿っている妊娠期。人生の中でそう何度も何度もあることではありません。この貴重な時期をマタニティフォトとして写真におさめる人も最近は増えてきました。

妊娠期から赤ちゃんが成長するまでの時期、この大切な期間を素敵な写真に残すためのおすすめの撮影サービスをご紹介します。上手に利用して一生の宝物を作ってくださいね。

写真撮影の方法は出張撮影とスタジオ撮影の2種類がある

家族写真といえば、写真館で撮る様なフォーマルな写真を思い浮かべる方も多いかもしれません。確かに今でもフォーマルな写真館はあり、根強い人気がありますが、最近ではリーズナブルに撮影ができる出張撮影や、大手チェーン店が運営する写真スタジオなども人気が高くなってきています。

それぞれの違いやメリット・デメリット、おすすめポイントなどをご紹介していきます。

いつも過ごしている空間を切り取ったような写真なら出張撮影

いつも過ごしている空間を切り取ったような写真なら出張撮影

最近、リーズナブルな価格、そしてプライベートな空間で撮影できる出張撮影サービスのに気が高まってきています。サイトを利用してカメラマンを探し、撮影場所まで来てもらうというサービスです。

撮影時間はサービスにもよりますが、1~2時間ほど、写真の納品はすべてデジタルデータでサイトからのダウンロードになります。プリントなどが必要な場合は別途注文者が手配する必要がありますが、わかりやすい料金体系とデータのみの納品が人気となっています。

料金はサービスにより10,000円から30,000円程と開きはありますが、1時間程度の撮影で写真データ50~90枚程度であれば、20,00円くらいが相場となります。データ量から考えると、スタジオ撮影に比べてリーズナブルなのが特徴ともいえます。

出張撮影のメリットはこのような点が挙げられます。

  • 料金がわかりやすい
  • 自宅や公園など、いつも過ごしている場所での撮影が可能
  • 納品はすべてデータ、プリントなどの商品はなし
  • 好みの写真を撮ってくれるカメラマンを選ぶことができる
  • 七五三など混み合う時期でもプライベートな空間で撮影が可能

また、デメリットとしてはこのような点が挙げられます。

  • カメラマンの腕により写真の出来栄えが変わる
  • ドレスなどの衣装が利用できない場合が多い
  • 屋外の撮影の場合、雨天の場合は中止になることがある
  • 衣装やメイクなどは自分で用意する必要がある

出張撮影はカメラマンを直接指名するため、好みのカメラマンを選べる反面、写真の腕により写真の出来栄えが変わってきます。指名する前にポートフォリオなどを確認し、得意な撮影スタイルなども確認しておくと良いでしょう。

また、衣装やメイクなども自分でする必要がありますので、バッチリメイクと特別な衣装を希望する場合はスタジオ撮影にした方が楽かもしれません。

やはり1番のメリットは、写真データをすべてもらえるという点です。そのままSNSにアップしたり、遠くに住む祖父母にも送ることができます。スライドショーを作成したり、必要であればアルバムやカレンダーなども別途注文しても良いでしょう。データがあれば、いろいろと有効活用することができます。

スペシャルな衣装を着て撮影するならスタジオ撮影

スペシャルな衣装を着て撮影するならスタジオ撮影

出張撮影も人気が高いサービスですが、スタジオ撮影もいろいろと種類があります。昔ながらのフォーマルな写真撮影を得意とする写真館や、自然光たっぷりのナチュラルな雰囲気を大切にしたフォトスタジオ、また、リーズナブルでかわいい衣装がたくさんある大手チェーンフォトスタジオなど、選択肢はいろいろあります。

特に店舗数の多いフォトスタジオなどでは、マタニティや赤ちゃんの衣装を揃えているところが多く、着替え放題、レンタル無料というところもあります。

いつも違う雰囲気、スペシャルなかわいい衣装で撮影したいという方には、衣装レンタルも含まれるスタジオ撮影がおすすめ。その他、スタジオ撮影にはこのようなメリットがあります。

  • ドレスやタキシードなどの衣装のレンタルが含まれる
  • 特別な背景・セットで撮影できる
  • カメラマンの写真撮影の腕に大きなばらつきがない

反面、このようなデメリットもあります。

  • 七五三や卒園の時期などは混み合い、ゆっくり撮影できない場合がある
  • 料金の設定がわかりにくい場合がある
  • 写真のデータを希望する場合、別料金になることがある
  • プリントなどの商品を購入しなければいけない場合がある

このように、フォトスタジオに寄り料金体系や混み具合、写真の出来上がりの雰囲気などもだいぶ変わってきます。

スタジオ撮影は、素敵な衣装が着られる点は良いといえますが、実際に利用する際はそのフォトスタジオの雰囲気や料金に含まれるもの、予約の取りやすさや混み具合などを確認しておくと良いでしょう。

出張撮影とスタジオ撮影、おすすめ3選

出張撮影とスタジオ撮影、おすすめ3選

出張撮影とスタジオ撮影、それぞれの特徴やメリットとデメリットを踏まえ、おすすめのサービスを3選ご紹介します。利用者も多く有名なサービスですので、もしこれから写真撮影の予定があるなら、ぜひ検討してみてください。

リーズナブルな出張撮影サービスが好評!「ラブグラフ」

ラブグラフ (Lovegraph)

まず、出張撮影で1番のおすすめなのが創業から4年、今までに15,000組以上の出張撮影を行ってきた「ラブグラフ」です。

恋人や友達同士、ウェディングや家族写真など、さまざまなシーンでの出張撮影が可能です。もちろん、マタニティフォトや赤ちゃんのニューボーンフォトなど、経験豊富なカメラマンが多数在籍しています。

撮影料金はライトプランの9,800円からになりますが、このプランはデータ数が10枚、撮影場所も都市圏で指定されているため、通常の利用ならデータ数50枚、どこでも出張可能な19,800円のスタンダードプランがおすすめです。

土日でも料金は変わりませんが、念のため早めに予約を入れておいた方が安心です。リーズナブルに、そして自然な雰囲気での写真を撮りたいという方にはおすすめの出張撮影サービスです。

ラブグラフ
料金:平日・土日ともに19,800円
データ数:50枚~
撮影時間:1時間程度
出張料:込み
カメラマン指名料:カメラマンによる

「ラブグラフ」の詳細や口コミをチェックする

大手のストックフォトが運営する出張撮影サービス「フォトワ」

フォトワ (fotowa)

ストックフォトの販売で大手のピクスタ株式会社が運営している出張撮影サービスです。登録カメラマンは1,000名近くおり、採用にも独自の面接・実技試験を行っています。そのため、一定以上の撮影の腕のあるカメラマンが在籍。写真のクオリティは期待できるはずです。

料金は平日であれば19,800円、土日祝日は4,000円増しの23,800円になります。受け取れるデータ数は75枚から。カメラマンの出張料や指名料は料金に含まれています。

土日祝は割増料金になりますが、データ数はその分多くなります。日本全国どこでも撮影可能なので、マタニティフォトやニューボーンフォトなど、自宅での撮影も可能です。多くの写真データが欲しいという方にはおすすめの出張撮影サービスです。

フォトワ
料金:平日 19,800円 土日祝 23,800円
データ数:75枚~
撮影時間:1時間程度
出張料:込み
カメラマン指名料:込み

「フォトワ」の詳細や口コミをチェックする

スタジオ撮影なら、カメラのキタムラが運営する「スタジオマリオ」

スタジオマリオ

全国にスタジオがある「スタジオマリオ」。カメラのキタムラが運営している写真スタジオなので、カメラマンの腕、プリントの技術は評価の高いものとなっています。

マタニティフォトやニューボーンなど、いろいろなイベントの写真撮影に対応しており、レンタル衣装も豊富に用意されています。マタニティフォトの衣装であれば、ビスチェや花冠など、素敵なものがレンタル可能。

撮影料金は平日・土日ともに3,000円となり、プラスで1点商品を購入する必要があります。商品ににより値段が変わってきますが、写真データ付きのマタニティフォトセットの場合は24,000円になります。

もちろん、データなしの商品もあり、リーズナブルな単品商品もありますので、撮影に行く前にはどの商品にするか決めておくと良いでしょう。実際に撮影した写真を見ると、どれも欲しくなってしまう、という声もありますので、すべての撮影データが含まれるプランを選択するのもおすすめですよ。

スタジオマリオ
料金:平日・土日ともに撮影料 3,000円+商品代金
データ数:画像データは別途5,000円(撮影データすべて受け取り可能)
撮影時間:~1時間程度

「スタジオマリオ」の詳細や口コミをチェックする

ナチュラルなテイストが好みならやはり出張撮影サービス

ナチュラルなテイストが好みならやはり出張撮影サービス

利用者も多く、有名な写真撮影サービスを出張撮影2選、スタジオ撮影1選でご紹介しました。昔から馴染みがあり、レンタル衣装があるスタジオ撮影も人気ですが、近年はいつもの風景がそのまま写真に残せる、出張撮影サービスの人気が高くなりつつあります。

特別な衣装を着ての撮影も良いですが、いつもの雰囲気、いつもの空間をそのまま切り取ったような写真を残すのも良いですね。

出張撮影サービスは、ご紹介した「ラブグラフ」と「フォトワ」以外にもありますが、この2つのサービスの利用者も多く、口コミでも評判が高くなっています。

料金的には、土日祝日の撮影であれば「ラブグラフ」が4,000円程安くなります。データ数では75枚の「フォトワ」の方が多くなります。

料金やデータ数だけでなく希望している雰囲気の写真を撮ってくれるか、という点も大切なポイントになります。撮影地域によって対応カメラマンも変わってきますので、まずは日時と地域を入力して、対応可能なカメラマンを探してみると良いでしょう。

撮影する写真を得意とするカメラマンを選ぶのが良いですよ。ポートフォリオをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
関連記事