兵庫県神戸市の安産祈願 – 摩耶山天上寺 (まやさんてんじょうじ)

兵庫県神戸市の摩耶山天上寺がある場所は六甲山系の国立公園摩耶山頂上にある木々に囲まれた厳かな雰囲気の場所です。境内には庭園史家の西桂先生の、天空の仙郷を象徴した枯山水庭園があり別世界のようです。

摩耶夫人像が安置されている 摩耶山天上寺

兵庫県 摩耶山天上寺

兵庫県 摩耶山天上寺

摩耶山天上寺はとう利天上寺 (とうりてんじょうじ) とも呼ばれており、大化2年 (646年) 孝徳天皇の勅願でインドの高僧法道仙人が開いたと伝わっています。

その後、お釈迦様の生母である摩耶夫人像が安置された事で山名を摩耶山と呼ばれるようになりました。この摩耶夫人像は、お釈迦様が厄年の時に造られたという秘仏として信仰されています。

十一面観音と摩耶夫人尊を祀る事から、女人守護の本山・女人のみ寺女人高野と言われていますので、特に子授け・安産・子育ての守護仏として知られています。

また、安産腹帯発祥のお寺としても有名です。これは、摩耶夫人堂の前の鐘の緒に巻かれていた浄布を持ち帰った妊婦が腹帯とした慣わしに始まったそうです。

兵庫県神戸市の安産祈願 摩耶山天上寺

兵庫県 摩耶山天上寺

兵庫県 摩耶山天上寺

安産祈願は、摩耶夫人堂で行われます。摩耶夫人尊ご宝前にての安産祈願は、願いが直接届いているという安心感に包まれます。

安産祈願に予約は必要なく受付は毎日行われていますが、ご利益があると有名なお寺ですので戌の日や土日などは混雑が予想されます。日程が決まっている場合は混雑具合を電話での問い合わせはされた方が良いでしょう。

自分が使いやすい腹帯を持参しても良いそうで、祈願料は7千円で晒しの腹帯とお守りを授与されます。遠方の方や直接祈願に来れない妊婦さんには郵送で祈祷済みの腹帯などをいただけます。(郵送の場合の祈願料は送料込みで8千円)

周辺には神話にまつわる沢山の観光スポットがあったり、摩耶山自体で四季おりおりの山の花々を愛でる事ができて気分が和むと思います。体調をみながら散策されるのも良いでしょう。

摩耶山天上寺は摩耶山頂にありますので、坂道になります。足元に気を付けて、無理のないようにしてくださいね。また、曲がり角も多い山道ですので、車酔いにはご注意を。


摩耶山天上寺へ実際に安産祈願へ行った方の口コミ

摩耶山天上寺この辺りで安産祈願と言えば中山寺が有名です。バリアフリーなので妊婦さんにも優しいお寺なのですが、子授けを摩耶山天上寺でお願いしたこともあり、安産祈願もこちらに決めました。運動不足?のせいか、坂道が前よりもつらく感じました。特に予約はしていきませんでしたが、受付で氏名などを記入後、数分でに摩耶夫人堂で祈祷が始まりました。知りませんでしたが、摩耶山天上寺は腹帯発祥の地としても知られているのだそうです。

摩耶山天上寺詳細

摩耶山天上寺の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒657-0105 兵庫県神戸市 灘区摩耶山町2-12
電話番号:
078-861-2684
受付時間:
9:00 から 17:00 予約は必要なし
祈祷料:
7千円から
最寄り駅:
各線三宮駅、神戸駅、阪急六甲駅、JR六甲道駅 
バス約20分「摩耶ケーブル下」下車
まやケーブル、まやロープウェイに乗り山上「星の駅」から徒歩約10分
車でのアクセス:
表六甲又は裏六甲ドライブウェイ⇒六甲山牧場の間を通って南へ約7分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.mayasan-tenjoji.jp/

摩耶山天上寺周辺のランチ・グルメ情報

兵庫県神戸市にある摩耶山天上寺周辺のランチ、グルメ情報です。安産祈願ご祈祷の帰りに。


リストランテ エルベッタ

平均予算:昼1800円/夜4800円


黒毛和牛焼肉 さはら

平均予算:ランチ:500円~2000円、ディナー:3500円

スポンサーリンク
関連記事