兵庫県姫路市の安産祈願 – 播磨国総社 射楯兵主神社 (はりまのくにそうしゃ いたてひょうずじんじゃ)

「総社の神様」や「総社さん」と呼ばれて親しまれていますが、正式名称は「射楯兵主(いたてひょうず)神社」といいます。いつ建てられたのかは不明ですが、播磨国風土記に記載があったことから8世紀以前からあったのだろうと考えられています。記録に残らないほど古くから存在した、歴史のある神社といえます。

播磨国総社 射楯兵主神社のご祭神、安産のご利益

現在の神社は豊臣秀吉が姫路城大築城の際に場所を移したと伝えられ、戦国武将が建築に大きく関わっているようです。

ご祭神は神社の名前の由来ともなっている「射楯大神:別名 五十猛神」と「兵主大神:別名 大国主命」ですが、播磨国内の大小様々170以上の神様を合わせて祀ったため「播磨国総社」と呼ばれるようになりました。

二柱のご祭神が祀られていることから「二神一光」といって、縁を結び幸福へと導くご利益があるとされています。また、境内にある「粟島社」は安産にご利益があるといわれています。

兵庫県 射楯兵主神社

兵庫県姫路市の安産祈願 播磨国総社 射楯兵主神社

ご祈祷を希望されるときは、当日受付で大丈夫です。神門を入って左手にある社務所に行き受付を済ませましょう。

ただし、結婚式が行われていると本殿が使えませんので、他の場所でのご祈祷となります。待ち時間も長くなる可能性があるので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

安産祈願は初穂料8千円と、当日の祈祷以外に毎月予定日の朝にご祈祷していただける腹帯安産満願祈願は初穂料1万円となっています。

腹帯はいただけませんので、一緒にご祈祷を希望される場合は持参する必要があります。

車で行くなら近くに駐車場がありますので、妊婦さんに優しい神社となっています。駅から少し距離はありますが、余裕があれば姫路城を眺めながら歩いていくのもいいですね。

射楯兵主神社へ実際に安産祈願へ行った方の口コミ

射楯兵主神社当初は宝塚の中山寺という安産祈願で有名なお寺で安産祈願をしてもらう予定でしたが、早産の危険もあったので当時の自宅から近かった姫路の総社でお願いしました。

当日はマタニティ用ではない黒のゆったりめのカシュクールワンピースと、少しだけヒールのあるパンプスで行きました。祈祷料は8千円でした。予約は特にせず、当日受付のみだったと記憶しています。

腹帯は自分で持参しました。受付をしてくださった方や巫女さんがとても愛想がよく、あちこちでお声をかけて下さり、気持ちがほっとしました。駅からは少し遠いですが、駅までにお店があったり、姫路城が見えたりとロケーション的には申し分なしでした。駐車場も近くにありましたので、妊婦さんにはいいと思います。こちらでお願いしてよかったなと思いました。


射楯兵主神社詳細

射楯兵主神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒670-0015 兵庫県姫路市総社本町190
電話番号:
079-224-1111
受付時間:
9:00 から 16:00 予約は必要なし
祈祷料:
8千円、1万円
最寄り駅:
JR線姫路駅北口徒歩15分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://sohsha.jp/

射楯兵主神社周辺のランチ・グルメ情報

兵庫県姫路市にある射楯兵主神社周辺のランチ、グルメ情報です。


和ダイニング 三日潮

平均予算:ランチ1000円~ ディナー2000円~


姫路モノリス

平均予算:5000円


ブラジル 東店

平均予算:980円


珈琲茶屋

平均予算:1000円

スポンサーリンク
関連記事