兵庫県南あわじ市の安産祈願 – 自凝島神社 (おのころ島神社)

兵庫県南あわじ市に鎮座するおのころ島神社へ向かう途中、朱色の大鳥居とぽっこりした丘が見えてきまが、この大鳥居は、日本三大鳥居の1つでその大きさは圧巻です。神話の中に、日本国土を創り出すために神様が矛先で青海原をかき回し、その矛先からしたたり落ちてできたのがこのおのころ島といわれ、地元の人たちに古くから「おのころさん」と呼び親しまれ崇敬されてきました。

日本最古の神社とされる おのころ島神社

西淡三原ICから車で約20分 高速バスご利用の場合は榎列下車で徒歩で約10分の場所で、朱色の大鳥居とぽっこりした丘が見えてきまが、この大鳥居は、日本三大鳥居の1つでその大きさは圧巻です。

神話の中に、日本国土を創り出すために神様が矛先で青海原をかき回し、その矛先からしたたり落ちてできたのがこのおのころ島といわれ、地元の人たちに古くからおのころさんと呼び親しまれ崇敬されてきました。

御祭神は、伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)です。古事記・日本書紀の神代巻に創祀の記載があるという日本最古の神社とされています。

伊弉諾命と伊弉冉命がおのころ島に降り立ち巨大な柱をまわって婚姻を行い、その後沢山の御子神をもうけられたそうです。この事から子授かり・安産・夫婦和合・縁結びにご利益があるとされています。

境内には、夫婦松の御神木や鶺鴒石、また西側に降りると「安産のお砂所」があります。安産の神様として多くの妊婦さんが安産のお願いをされています。

愛知県 砥鹿神社

兵庫県南あわじ市の安産祈願 おのころ島神社

ご利益があると芸能人まで来られる様な有名な神社ですので混雑が予想されます。安産祈願を希望される場合は一度電話で問い合わせてみましょう。

安産祈願には自分が使いやすい腹帯を持参しても良いそうで、初穂料は1万円で晒しの腹帯とお守りを授与されます。

周辺には神話にまつわる沢山の観光スポットがありますので、体調をみながら散策されるのも良いでしょう。

おのころ島神社へ実際に安産祈願へ行った方の口コミ

おのころ神社観光も兼ねて、妊娠6ヶ月の頃におのころ島神社へ安産のお参りに行ってきました。まず驚いたのたのがその鳥居の大きさ。写真におさまりきりません。(笑) こんなに大きな鳥居は初めて見ました。後から知りましたが、「平安神宮」「厳島神社」とならんで三大大鳥居の一つなんだそうです。

境内には「安産のお砂所」というところがあり、安産にご利益があるということでしたので、こちらにも参拝してきました。辺見えみりさんも参拝にきた神社ということで、安産や縁結びでとても有名な神社のようでした。


おのころ島神社詳細

おのころ島神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒656-0423 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
電話番号:
0799-42-5320
受付時間:
9:00 から 17:00
祈祷料:
1万円から
アクセス:
西淡三原ICから車で約20分 
高速バスご利用の場合は榎列下車で徒歩で約10分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.freedom.ne.jp/onokoro/

おのころ島神社周辺のランチ・グルメ情報

兵庫県南あわじ市にあるおのころ島神社社周辺のランチ、グルメ情報です。スマホからお店の予約や空席情報を確認することができます。


餃子の王将 三原店

平均予算:800円(通常平均)

スポンサーリンク
関連記事