fbpx

山形県鶴岡市の安産祈願 – 里之宮 湯殿山神社 (ゆどのさんじんじゃ)

山形県山形市にある湯殿山神社は、正月の初市で多くの参拝客が訪れる比較的歴史の新しい神社です。

「県庁舎の守護神」として勧請された 湯殿山神社

今でこそ庶民が集う神社ではありますが、神社によると元々は「県庁舎の守護神」として勧請されてきたいきさつがあるようです。

山形の初代県令・三島通庸(みちつね)氏は明治9年、県庁舎建設の地を山形市旅籠町に定め、当地で地鎮祭を行おうと田川郡の湯殿山神社から御分霊を勧請し、旅籠町雁島に祀ります。

県庁舎完成後は、師範学校、警察、銀行など近隣に次々と重要な施設が建てられたことから、山形中心部を守る鎮守の神として厚く信仰されました。

明治44年の山形大火で神社は焼失。復興するまでには時間がかかり、本殿が再建されたのが大正4年、拝殿は同11年でした。その後昭和58年に現在の場所へ移転され、社殿、社務所などが新しくなりました。

山形県鶴岡市の安産祈願 湯殿山神社

湯殿山神社では、安産祈願のご祈祷をしていただけます。当日受付順に行われ、予約は必要ありませんが、祭事等で一時中断される時間帯がありますので、事前に連絡または確認しておくといいでしょう。

初穂料は7千円から。ご祈祷時間は約20〜30分程度です。おさがりとして神社から「岩田帯」が授けられますが、各自で用意した腹帯を持ち込んでもいっしょにお祓いしていただけます。受付でお預けください。

この神社には「おもかる石」という信仰の石があります。とくに関西ではなじみがあるようですが、願いごとをしながら両手で持ち上げ、思ったより軽く感じれば願いが叶うというものです。

しかし身重の身にはちょっと、という妊婦さんにもうひとつおすすめなのが「願い牛」をさわること。

牛は湯殿山の「雪形」つまり雪解け模様であり、神の化身とされます。子宝希望のご夫婦や安産を願う女性がこぞってこの願い牛をさわり、御利益をいただいているそうです。

妊婦さんに優しい!東北地方でマタニティプランのある温泉宿
関連記事:
妊娠中の旅行におすすめ!マタニティプランがあるお宿8選~東北編

湯殿山神社へ実際に行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

戌の日の安産祈願
平均評価:  
 0 口コミ
Screenshot of yudonosan.jp

湯殿山神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒997-0532 山形県鶴岡市田麦俣六十里山7
電話番号:
0235-54-6133
祈祷料:
7千円から
車でのアクセス:
山形自動車道 月山ICから車で約30分
山形自動車道 庄内あさひICから車で約40分
駐車場:
有り 150台
公式サイト:
http://yudonosan.jp/

湯殿山神社周辺のグルメ・おすすめランチ

湯殿山神社周辺のグルメ・ランチ情報です。スマホでレストランの予約、空席状況の確認などができます。お得なクーポンがあるお店もあります。

スポンサーリンク
関連記事