岐阜県下呂市のさるぼぼ神社!温泉で体を温めるなら外せない安産祈願

さるぼぼとは飛騨地方の民芸品。飛騨の言葉でさるぼぼは「お猿の赤ちゃん」という意味です。そのため、安産・子宝のお守りとして地元では人気があります。下呂温泉にはこのさるぼぼ神社というスポットもあります。

飛騨の猿の赤ちゃん、さるぼぼ神社

さるぼぼ

さるぼぼ

日本三名泉のひとつ、下呂温泉の近くにも安産を願うことができるスポットがあります。観光スポットとしても知られているので、妊婦さんや赤ちゃんを望んでいるご夫婦はぜひ足を運んでみてください。かわいいさるぼぼたちがお迎えしてくれますよ。

飛騨地方では昔からこの猿の赤ちゃんの「さるぼぼ」を孫にはぬいぐるみとして、娘には良縁や安産、子宝、夫婦円満を願って作る習わしがあったそうです。今ではお土産として飛騨地方で多く見られるようになりました。

もともとは奈良時代に遣唐使が中国から伝えたものが原型であると伝えられていますが、最初は当時の貴族たちの愛で「産屋のお守り」として絹で作られたものが流行していました。

その後、あまり布などで作られた人形が民間に広がっていき、「安産」や「良縁」、「子宝」などを願って作られるようになりました。やがて段々とこの人形文化は廃れていき、山間部で他の文化の影響を受けにくい飛騨地方に残っていったと考えられています。

このさるぼぼが祀られたさるぼぼ神社では、さまざまな色のさるぼぼがあり、とてもカラフル。見ているだけでもとても可愛らしいですね。神社の中にはおみくじもあるので、ご夫婦でひいてみてはいかがでしょうか?

妊婦さんに優しい!愛知県でマタニティプランのある温泉宿
関連記事:
妊娠中の旅行におすすめ!愛知県のマタニティプランがあるお宿3選!

さるぼぼ神社へ実際に安産祈願へ行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

戌の日の安産祈願
平均評価:  
 0 口コミ

さるぼぼ神社詳細

さるぼぼ神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島780
最寄り駅:
下呂駅から徒歩10分

スポンサーリンク
関連記事