岐阜県岐阜市の安産祈願 – 伊奈波神社 (いなばじんじゃ)

伊奈波神社は岐阜県岐阜市にある神社で、岐阜のシンボルである金華山の麓にあり、1900年あまりもの歴史があります。
戦国大名の斎藤道三が現在の岐阜城である稲葉山城に居城する際に、現在の場所に移りました。

-->

パワースポットとしても知られる 伊奈波神社

第十一代垂仁天皇の長男である「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」が神様として祀られています。

岐阜県 伊奈波神社

岐阜県 伊奈波神社

岐阜は長良川が流れており、水の資源が豊かな一方、昔から水害に悩まされてきました。

伊奈波神社ではもともと水害を防ぐ神社として信仰されてきましたが、近年では商売繁盛、家内安全、七五三、そして安産祈願の参拝も多くなってきました。

都会の中にありながらも、山の麓に建立されているため、緑が多く、静かでパワースポットとしても知られています。

特に新年や七五三、例祭である岐阜まつりのシーズンは混み合いますが、普段はそれほど混雑はなく、落ち着いた雰囲気の中参拝をすることが出来ます。

岐阜県岐阜市の安産祈願 伊奈波神社

岐阜県 伊奈波神社

岐阜県 伊奈波神社

伊奈波神社の安産祈願の申し込みは9時から16時まで随時受け付けています。祈祷初穂料は5000円からとなっています。

本殿は駐車場から200メートルほどの距離があり、山の中腹にあるため階段も多く、体調によっては登って参拝するのは少し大変かもしれません。

また、バス停から神社まで少し離れているため、参拝には車で行かれる事をおすすめします。

車であれば、岐阜の繁華街である柳ヶ瀬や、歴史と自然を感じられる観光名所である岐阜公園にも10分ほどで立ち寄ることが出来ますよ。


伊奈波神社へ実際安産祈願へ行った方の口コミ

伊奈波神社伊奈波神社に5月に安産祈願に行ってきました。受付で祈願料を5000円を払い、腹帯を入れる袋をもらいました。

そして名前、住所、出産予定日を書き、腹帯を一緒に渡して待合室で待っていました。その日は平日だったこともあり、旦那も私の両親も仕事だったため、付き添いは誰もいませんでした。

付き添いがいないのは私だけだったので、少し居心地が悪かったです。そして安産祈願が始まったのですが、集団で祈願をしました。私を含めて5家族ほどいましたね。

最後に名前を呼ばれて授与品を貰って帰宅しました。授与品は、安産お守りとこんぶ、お酒とお箸、安産祈のステッカーと折り紙の鶴をいただきました。

伊奈波神社長男の時は祖父母も含め夫婦揃って安産祈願に行きました。服装は少しフォーマルなワンピースで夫がスーツという服装でした。周りを見てもそんな感じの方が多かったです。

ご初穂料は5000円にしました。腹帯はベビー用品店で自分がこれから使いそうな物を購入しラッピングしてもらったものを持参しました。

それを受け付けで渡しました。授与品は、お酒、お塩、塩昆布、安産祈願のお守り、腹帯に転写するおふだ、お菓子などだったと思います。

伊奈波神社詳細

伊奈波神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒500-8043 岐阜県岐阜市伊奈波通1丁目1
電話番号:
058-262-5151
受付時間:
9:00 から 16:00
祈祷料:
5000円から
最寄り駅:
JR岐阜駅、名鉄新岐阜駅より岐阜バス三田洞団地行約20分
車でのアクセス:
東海北陸自動車道岐阜各務原IC より
国道21号・156号・248号を経由
国道256号を長良橋方面へ車で9km
駐車場:
有 無料 30台
公式サイト:
http://www.inabasan.com/

伊奈波神社周辺のグルメ・おすすめランチ

伊奈波神社周辺のグルメ・レストラン情報です。スマホから空席状況の確認やご予約できます。クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


ラ ニーマ

平均予算:【tea】400円/【お食事】880円


Japaneseあろま

平均予算:BAR使いの場合…2800円/お食事の場合…6000円


南風亭

平均予算:2500円


バイツ baits

平均予算:5000円


和風料理 後藤家

平均予算:昼…1050円/夜…4000円

スポンサーリンク
関連記事