山口県下関市の安産祈願 – 彦島八幡宮 (ひこしまはちまんぐう)

山口県下関市の彦島にある彦島八幡宮は、別名「子安八幡」と呼ばれており、安産の神様として崇め奉られています。境内には古代人が文字を刻んだ岩「ペトログラフ」があることでも有名です。灘八幡ということもあって、沖合を通過する船は必ず半帆の礼(船の帆を半分下げる)をしていたといわれており、造船・漁業関係の方からも厚く信仰されています。彦島八幡宮では秋の例大祭に「サイ上リ神事」が行われます。800年以上の歴史を有するこの神事は無形民俗文化財にも登録されています。

「子安八幡」としても知られる 彦島八幡宮

八幡神社の総本山である宇佐神宮から勧請され、彦島を開拓して治めていた河野通次が自ら祭主となり、1159年に彦島八幡宮を建立しました。

河野通次が御神体を海中から引き上げたことが「サイ上リ神事」のはじまりともいわれています。

御祭神は仲哀天皇・応神天皇・神功皇后・仁徳天皇です。

なかでも神功皇后は、難敵から逃れながらも世継(のちの仁徳天皇)を出産したことから、安産祈願・子育ての神様として広く信仰されています。

また、式神・生産神・文化神としても霊験あらたかとされています。

山口県下関市の安産祈願 彦島八幡宮

彦島八幡宮で安産祈願をする際は、参拝に行く日に祭事等が重なっていないか事前に確認することをおすすめします。

祈祷受付時間は午前8:30から午後17:00となっています。

80台ほどの駐車スペースがあるので車で参拝に行く場合でも安心です。

腹帯やマタニティーガードルを持参すると祈祷していただき、朱印を捺してもらうことができます。

腹帯を持参する場合は初穂料と一緒に受付時にお渡ししましょう。


彦島八幡宮詳細

彦島八幡宮の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒750-0092 山口県下関市彦島迫町5丁目12−9
電話番号:
083-266-0700
受付時間:
8:30 から 17:00 予約は必要なし
祈祷料:
5千円から
最寄り駅:
JR下関駅より竹の子島行バス15分 東圧正門前下車
車でのアクセス:
中国自動車道 下関IC出口 彦島大橋 約15分
駐車場:
有 無料 80台
公式サイト:
http://www.hikoshima-guu.net

彦島八幡宮周辺のグルメ・おすすめランチ

彦島八幡宮周辺のグルメ・レストラン情報です。スマホから空席状況の確認やご予約できます。クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


たまや 本店

平均予算:6000円


モン・レーブ

平均予算:昼2100円 夜5000円


ふく料理 しのだ

平均予算:7,000~15,000円


中国料理 耕治 下関大丸店

平均予算:昼 1000円、夜 2500円

スポンサーリンク
関連記事