埼玉県鴻巣市の安産祈願 – 鴻神社 (こうじんじゃ)

埼玉県鴻巣市にある鴻神社は明治6年に鴻巣宿にあった氷川社、熊野社、雷電社の3社を合祀し、鴻三社としたのが始まりです。明治40年に鴻三社から社号が鴻神社となり現在に至っています。

「こうのとり伝説」が伝わる 鴻神社

鴻神社は「こうのとり伝説」も伝えられていることから、子授け、安産、良縁などにご利益があると言われています。

その昔、こうのとりがやってきて「神の木」と呼ばれる大木に巣を作り卵を産みました。その卵を狙ってやってきた大蛇をこうのとりは追い払い、平和な日々が続いたのでお宮を作り「鴻の宮」、後に「鴻の巣」と呼ばれるようになりました。

鴻神社に伝わるご神体は、樹齢数百年の桧の大木の根にできた大きなコブ、木曽桧樹魂塊(きそひのきじゅこんかい)です。重さが200キロもあり、子授けや安産のご神体とされています。

境内には樹齢500年以上と言われる夫婦銀杏があり、子授け、安産、夫婦円満などの御神木として親しまれています。安産祈願の後には立ち寄ってご神木に触ってお参りしましょう。

埼玉県鴻巣市の安産祈願 鴻神社

鴻神社での安産祈願は予約が必要になりますので、日程が決まったら連絡をして予約をしましょう。初穂料は5千円からになり、授与品として御札、御守り、入浴剤の他に木製の「こうのとりのたまご」などがいただけます。「こうのとりのたまご」は鴻神社に伝わる「こうのとり伝説」にちなんだ幸運のたまごとして知られています。

無事に元気な赤ちゃんが生まれ、願いがかなったら「こうのとりのたまご」は夫婦銀杏のふもと、旧鴻の宮の横に「あるこうのとりのたまごお守 納所」へ納めます。


鴻神社へ実際行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 口コミ
by鴻神社・安産祈願の口コミ
子宝や安産で有名な神社

この神社は、安産や子宝で有名です。

埼玉県では、有名な神社でありコウノトリの神社とも言われています。私が、ここで祈祷してもらったら時は、おもにこの神社の神主さんのお祈りを受けました。時間もそこまでかからずに終わりました。また、神主さんじたいがとてもよい人であり、お祈りが終わったあとの説明なども丁寧であります。

最後にお守りやら、護符などをいただいて無事終了という感じでありました。神社じたいは小さいですが、ちゃんとした配慮があるため、おすすめできます。

鴻神社詳細

鴻神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒365-0076 埼玉県鴻巣市本宮町1−9
電話番号:
048-542-7293
受付時間:
9:00 から 17:00 予約が必要
祈祷料:
5千円
最寄り駅:
JR高崎線 鴻巣駅東口より徒歩8分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.koujinja.or.jp/

鴻神社周辺のグルメ・ランチ情報

埼玉県鴻巣市にある鴻神社周辺のランチ、グルメ・レストラン情報です。空席情報の確認や予約がスマホからできるので便利です。


COUCH POTATO カウチ ポテト

平均予算:3000円


牛角 北本店

平均予算:【通常】2500円/【宴会】3500円※飲み放題特別クーポンもご用意


夢庵 ゆめあん 北本店

平均予算:1100円


ステーキガスト 北本店

平均予算:1000円~1300円

スポンサーリンク
関連記事