東京都豊島区の安産祈願 – 雑司ケ谷 鬼子母神堂 (ぞうしがや きしもじんどう)

JR池袋、目白駅から徒歩15分、東京都豊島区雑司ヶ谷にある鬼子母神堂は安産・子育(こやす)の神様を祀るお堂です。鬼子母神堂は法明寺の飛地境内にあり、1561年に山村丹右衛門が鬼子母神像を井戸から掘り出して東陽坊に祀ったのが始まりと言われています。

-->

東京都豊島区の安産祈願 鬼子母神堂の歴史

鬼子母神という神様はインドの神様で日本国内でも祀られているお堂がいくつかあり、東京では江戸三大鬼子母神として入谷鬼子母神真源寺、中山法華経寺と共に昔から親しまれてきています。

鬼子母神という神様は夜叉神の娘で多くのこどもを産みましたが、大変暴虐な性質であったためお釈迦様に末の子を隠されてしまいました。大変嘆き悲しんだ母は安産・子育の神となることを誓い、その後尊崇されるようになったという言い伝えがあります。

雑司ケ谷の鬼子母神像は大変優しく美しい顔をしています。そのため、「つの」のない「鬼」の字が使われています。鬼子母神堂に行った際はぜひ「鬼」の文字を気を付けて見てみてくださいね。

東京都 雑司ヶ谷 鬼子母神堂

東京都 雑司ヶ谷 鬼子母神堂

鬼子母神堂での安産祈願、縁日の「おせんだんご」

鬼子母神堂での安産祈願は予約は必要なく、直接行って受付を済ませればご祈祷いただけます。

安産祈願は3000円より、腹帯も持参すれば祈祷していただけるようですが、詳細は公式サイトに記載がありませんので、安産祈願に興味がある方は一度お寺に問い合わせてみるのが良いでしょう。

東京都 雑司ヶ谷 鬼子母神堂

東京都 雑司ヶ谷 鬼子母神堂

鬼子母神堂に続く参道にはケヤキ並木が広がっています。樹齢400年にもなるケヤキの木もあり、大都会の中でも深呼吸をしたくなるほどリラックスできる場所でもあります。

また、境内にあるイチョウの木も「大公孫樹(大いちょう)」と呼ばれており樹齢700年と言われています。安産祈願に行った際はぜひ周りの自然も堪能してくださいね。

鬼子母神堂の縁日は8の付く8日、18日、28日です。その縁日と日曜日には境内の大黒堂で「おせんだんご」が売り出されます。鬼子母神には千人のこどもがいたことにあやかり「おせんだんご」と呼ばれているそうです。

こしあんと焼き団子の二種類があり、もちろんお土産で持って帰れますので帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


鬼子母神堂詳細

鬼子母神堂の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3−15−20
電話番号:
03-3982-8347
受付時間:
予約は必要なし
祈祷料:
お問い合わせ
最寄り駅:
JR池袋駅東口より 徒歩15分
JR目白駅より 徒歩15分
駐車場:
なし
公式サイト:
http://www.kishimojin.jp/

鬼子母神堂周辺のグルメ・ランチ情報

東京都豊島区にある鬼子母神堂周辺のグルメ・レストラン情報です。レストランの空室情報の確認や予約がスマホからできます。


ビストロカフェ グラポン

平均予算:ランチ1000円、ディナー3000円、宴会4000円


硯家 南池袋店

平均予算:3500円


エンノシタ

平均予算:5000円


A PIZZA 池袋東通り本店

平均予算:ランチ平均1000円/ディナー平均2500円

スポンサーリンク
関連記事