京都府京都市左京区の安産祈願 – 大蓮寺 (だいれんじ)

京都府京都市左京区にある浄土宗の大蓮寺は、名前のごとく6月下旬から8月中旬まで沢山の綺麗な蓮の花が咲くお寺です。本堂には、慈覚大師作の阿弥陀如来像があります。この阿弥陀様に「安産のお寺」の由来があり、古くから安産祈願としての信仰が深いお寺です。阿弥陀如来の使いとして障害をささげたという「走り坊さん」でも有名で、足腰の健常の参拝者も多いそうです。

「安産のお寺」として知られる 大蓮寺

開基は慶長5年(1600年)関ケ原の合戦の年、宗祖は法然上人です。

慈覚大師が晩年に阿弥陀如来像を彫っている時に、夢で阿弥陀如来が「比叡山から京都に下り、女人の厄難(お産の苦しみ)を救いたい」とお告げになったため、京都に下り真如堂に安置されました。

多くの女性のお産の苦しみを救われ、たちまち女性から圧倒的な信仰を集めたそうです。

応仁の乱によって真如堂から行方知れずになっていた阿弥陀様を、一軒の荒れ果てたお堂で見つけた深誉上人が大蓮寺を建立し安置しました。

一方、阿弥陀様を探し続けていた真如堂の方は、大蓮寺の阿弥陀様がかつての本尊である事が分かり、幕府から返還するように命ぜられた上人は21日間念仏を称えた所、驚いたことに阿弥陀如来像が二体に分かれていたので、それぞれを大蓮寺と真如堂で一体ずつ安置されたと伝えられています。

京都府京都市左京区の安産祈願 大蓮寺

安産祈願は前もっての予約が必要になりますので、ご希望の場合は受付時間内の午前9時から午後4時半までの間に電話で予約をしましょう。

また、腹帯をお持ちの場合はガードルタイプ等の腹帯を持参することも可能です。

祈祷料は授与品によって変わってきます。晒しの腹帯と御寳号と安産のお守りと安産のお札と絵馬で5千円で、晒しの腹帯無しで3千円になります。

また、臨月まで毎日安産のご祈祷と御寶号を授与される安産年間祈願もあり、こちらは2万円になります。

大蓮寺では、安産祈願のネット申し込みや安産のお守りの宅配申込みも行っていますので遠方の妊婦さんには便利ですね。

大蓮寺詳細

大蓮寺の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
京都府京都市左京区正往寺町457
電話番号:
075-761-0077
受付時間:
9:00 から 16:30 要予約
祈祷料:
3千円、5千円、2万円
最寄り駅:
市バス東山二条・東山仁王門バス停より徒歩約3分
京阪電車三条京阪駅より徒歩約15分
駐車場:
有 無料 4~5台
公式サイト:
http://www.anzan-no-tera.jp/

京都府京都市左京区 大蓮寺 周辺のランチ情報

大蓮寺 周辺のおすすめグルメ、ランチ情報です。お店の予約やお得なクーポンはこちらから。


炭火焼 ぜん

平均予算:3000円


天ぷら 圓堂 岡崎邸

平均予算:昼 5000円/夜 10000円


神空楽カフェ

平均予算:1500円


にわ とりのすけ 百万遍店

平均予算:1980円


宝ヶ池ゆば泉

平均予算:昼2520円/夜3000円

スポンサーリンク
関連記事