京都府京都市伏見区の安産祈願 – 善願寺 (ぜんがんじ)

京都市伏見区にある善願寺は、まず「小町の榧」と言われる樹齢1000年以上のご神木が遠くからでも目に入ってきますが、そのご神木に彫刻された不動明王像が鎮座されています。善願寺は「腹帯地蔵さん」と呼ばれ、古来より安産祈願の信仰を集めています。

日本最古の腹帯地蔵がある 善願寺

創祀は不詳ですが、天平年間(729-749年)に聖武天皇の皇后であった光明皇后の発願によって、行基が地蔵尊を本尊として創建されたそうで、地藏尊の胎内には千日千部の写経が納められています。

この地蔵菩尊は腰のところに結び目があり腹帯をしているかのようなお姿から腹帯地蔵さんと言われたのが由縁で、日本最古の腹帯地蔵・地藏菩薩坐像として重要文化財になっています。 

また、本堂外陣の格天井に江戸後期の120面の鮮やかな天井画があり見ごたえのあるものです。

京都布京都市伏見区の安産祈願 善願寺

戌の日に、お寺から授けられるロウソクは、出産時に灯して祈ると火が消えるまでに安産出来ると言われている物で、お乳の出も良くなるそうです。

そのため特に戌の日は安産参詣者で賑わうので、電話での予約は必ずされる事をお勧めします。腹帯は持参しても良いそうです。ご祈祷料は1万円でご祈祷後にお守りとお札を授与されます。

樹齢800年のそめいよしのが有名で、安産祈願の時期が合えば見事な桜が見れます。また時期が合わなくても見事な枝ぶりは見ておいて損はないものです。


善願寺詳細

善願寺の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒601-1352 京都府京都市伏見区醍醐南里町33
電話番号:
075-571-0036
受付時間:
9:00 から 16:00 要予約
祈祷料:
1万円
最寄り駅:
地下鉄東西線醍醐駅から徒歩約10分
車でのアクセス:
旧奈良街道醍醐寺前を南下1km
駐車場:
有 無料

善願寺周辺のグルメ・ランチ情報

京都府京都市伏見区にある善願寺周辺のグルメ・レストラン情報です。予約や空席情報の確認はスマホからできます。


鳥羽甚 醍醐

平均予算:昼4500円 夜8000円


手打ち蕎麦 しも村

平均予算:950円


楽斉

平均予算:昼800円/夜800円


かつ屋 パセオダイゴロー店

平均予算:昼800円/夜1000円


杵屋 京都パセオダイゴロー店

平均予算:昼700円/夜800円


餃子の王将 醍醐店

平均予算:800円(通常平均)

スポンサーリンク
関連記事