京都府京都市中京区の安産祈願 – 染殿地蔵院 (そめどのじぞういん)

京都市中京区にある創業明治7年の甘栗和菓子のお店の奥に染殿地蔵院があります。京都でも一番賑わう新京極通り側の狭い門から入っていきますが、まずお店の脇に「安産守護染殿地蔵尊」の石標があり目印になります。平安時代から安産祈願と子授けの篤い信仰を集めてきた由緒あるお寺です。

平安時代からの安産守護 染殿地蔵院

創祀は不詳で、平安時代(808年)に空海が大使入唐の後、ここ本院に留まり開基したとも伝えられています。

その時に空海の代表作である「十住心論」を清書されたそうです。ご本尊は、弘法大師作と言われ秘仏の地藏菩薩で、京都で唯一の像高2m裸形立像です。

厨子に納められていて、50年に1度だけご開帳され続けてきています。

文徳天皇皇后の藤原明子は、染殿后(そめどののきさい)と呼ばれ、この地蔵尊に十七日の願をかけて無事に皇子を生んだといわれ、ここから染殿地蔵尊と呼ばれるようになりました。皇子は後の清和天皇です。

京都府 染殿地蔵院

京都府京都市中京区の安産祈願 染殿地蔵院

予約はしなくても大丈夫です。腹帯について染殿院さんでは、腹帯を祈祷するのではなく妊婦さん自身を祈願するという形ですので、腹帯は持っていかなくてよいそうです。

そしてご祈祷はその当日だけでなく、受付をした日から1週間と出産予定日前の1週間の合計2週間も、毎朝ご住職が妊婦さんの名前を読み上げてご祈祷をして下さるそうです。

祈祷料は8700円と4千円があり、それぞれで授与品が変わります。4千円ですとお守りとお札で、8700円ですと晒しの腹帯が2つと赤ちゃんの産着と絵馬が増えます。もちろん全てご祈祷済の物です。

お帰りの際には、近くに京都高島屋もありショッピングに便利です。生まれてくる赤ちゃんの色々な用品を散策するのに立ち寄られるのも楽しい時間が過ごせるでしょう。


染殿地蔵院詳細

染殿地蔵院の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒604-8042 京都府京都市中京区新京極四条上中之町562
電話番号:
075-221-3648
受付時間:
10:00 から 18:00 予約は必要なし
祈祷料:
4千円、8700円
最寄り駅:
阪急電車河原町駅下車で徒歩約3分
車でのアクセス:
名神高速京都東ICから車で約20分
駐車場:

公式サイト:

染殿地蔵院周辺のグルメ・ランチ情報

京都府京都市中京区の染殿地蔵院周辺のランチ、グルメ・レストラン情報です。空席情報の確認、予約もスマホから行えます。


百味飲食

平均予算:1000円


京料理 八清

平均予算:昼3000円、夜6000円


Hot Shot ホットショット

平均予算:3000~4000円


七輪焼KANEKO

平均予算:3500円


アッシュ スプランディード

平均予算:【ディナー】8000円/【ランチ】4000円

スポンサーリンク
関連記事