京都府八幡市の安産祈願 – 石清水八幡宮 (いわしみずはちまんぐう)

京都府八幡市にある石清水八幡宮は、男山に鎮座し朱色の鮮やかな社殿が印象的で、古くから「やわたのはちまんさん」と呼ばれ多くの神様をお祀りしているため、厄除開運や商売繁盛、安産祈願など色々なご祈願での参拝者で賑わう神社です。また、安産祈願の発祥の地という言い伝えがあるそうです。

八幡宮総本社の宇佐神宮から勧請された 石清水八幡宮

創建は貞観2年(860年)です。平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請された神社です。

「石清水」の社名は、男山にすでに鎮座していた石清水寺によるものと言われています。

天皇家からは古来より、京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として、鬼門(北東)の延暦寺とともに重要視されてきました。また、境内は国の史跡に指定されていて本殿をはじめ建造物16棟等も国の重要文化財に指定されています。

御祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)・比咩大神(ひめおおかみ)・息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)です。誉田別命は応神天皇の本名です。

応神天皇を身ごもっておられた神功皇后が、妊娠を悟られないように石を帯の中に巻き付け戦に出征され勝利され、その後応神天皇を安産されたという事から、安産の神様として篤く信仰されてきました。

京都府八幡市の安産祈願 石清水八幡宮

石清水八幡宮での安産祈願に予約は必要ありませんが、大祭や結婚式等と日程が被らない様に問い合わせはしておきましょう。

初穂料は1万円です。腹帯を持参するのは可能ですが、授与品に晒しの腹帯も受けます。

更に安産の御守・家内安全のお札・お供物とお水も頂けます。

石清水八幡宮には、重要文化財や美術工芸品・有形文化財などが沢山所蔵されていますが、建武元年(1334年)に楠木正成が植えたとされている天然記念物の神楽殿のクスノキと御文庫のクスノキがありますので是非見て帰って下さい。


石清水八幡宮詳細

石清水八幡宮の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒614-8005 京都府八幡市八幡高坊30
電話番号:
075-981-3001
受付時間:
9:00 から 16:00 予約は必要なし
祈祷料:
1万円
最寄り駅:
京阪電車「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」下車徒歩約5分
車でのアクセス:
名神高速道大山崎ICから車で約分「一ノ鳥居」を過ぎ
右側駐車場~男山ケーブルへ
駐車場:
有(有料)
公式サイト:
http://www.iwashimizu.or.jp/top.php

石清水八幡宮周辺のグルメ・ランチ情報

京都府八幡市にある石清水八幡宮周辺のグルメ・レストラン情報です。


どるふぃんがーでん

平均予算:ランチ 1000円  ディナー 1400円


中国旬菜 味彩

平均予算:¥2000


餃子の王将 八幡店

平均予算:800円(通常平均)


旬菜創作ビュッフェ 露菴 京都八幡店

平均予算:ランチ 1630円/ディナー 2084円(税抜)


玄品 楠葉

平均予算:4500円(通常平均)/5000円(宴会平均)


クマリ 枚方店

平均予算:1000~1999円

スポンサーリンク
関連記事