三重県南牟婁郡紀宝町の安産祈願 – 神内神社 (こうのうちじんじゃ)

三重県南牟婁郡紀宝町に位置する神内(こうのうち)神社は、別名子安神社とも呼ばれ、社殿を持たず、大きな岸壁そのものをご神体としています。

-->

三重県南牟婁郡紀宝町の安産祈願 神内神社

神社の創建は不詳とされますが、かつては三重でも珍しくなかった原始的な自然崇拝、熊野信仰の名残ではないかと考えられます。

ご神体に向かう道端には、多くの巨石や大木が立ち並び、参拝者に不思議な力を感じさせる雰囲気が漂っています。

神社の建つ地区は、神内近石(こうのうちちかいし)といいます。古い記録によると「近石というところに逢初森(あいそめのもり)という場所があり、そこでイザナギとイザナミが一女三男をおつくりになった。

その神を産土(うぶすな)神社として祀り、村の名を神皇地(こうのち)とした。それがいつの頃からか、神内村(こうのうちむら)へと変わっていった」という言い伝えがあります。

また別名の通りここは安産の神様としても有名で、かなり古い時代からたくさんの女性が参拝に訪れていました。

そのうえ、神社に行き着くまでに女性に出会うと女の子、男性に出会うと男の子が生まれるという不思議な御利益まであったそうです。

現在は社務所らしき建物はあるものの、普段人はいませんので、ご自由に参拝されるのがいいでしょう。昼なお薄暗い雰囲気と、まわりの景色に圧倒されないよう、足下をよく見て奥のご神体へ向かってください。

古い石造りの階段が続きますので、ゆっくり確実に歩を進めましょう。

神社には無事に出産を終えたお母さんたちが奉納したとされる「よだれかけ」がたくさん残っています。

もし赤ちゃんとまた来ることがあれば、ぜひお礼に納めてください。


神内神社詳細

神内神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒519-5712 三重県南牟婁郡紀宝町神内
電話番号:
0735-23-3021

神内神社周辺のグルメ・おすすめランチ

現在表示できる情報はありません。

スポンサーリンク
関連記事