ミニ鳥居がユニーク!長崎県雲仙市の安産祈願 – 淡島神社 (あわしまじんじゃ)

長崎県佐世保市にある「淡島神社(あわしまじんじゃ)」は1812年に建立されました。御祭神は「少彦名(スクナヒコナ)」という知恵と医薬の神様です。全国にある淡島神社は女性の病気や安産など、女性の幸せにご利益があるとされています。

赤ちゃんもくぐる小さな鳥居がある 淡島神社

「淡島」は元々「粟島」の俗称として使われていたものでしたが、現在では正式名称として登録されています。

淡島神社総本山の祭神である「淡島神」は住吉神の妻でしたが、婦人病になったため海に流されたという女神です。

自分のような不幸な女性をなくすために女性の守り神になったとされています。そのため「淡島神社」は女性の病気や安産など女性の幸せにご利益があるといわれています。

こちらの神社は境内にある「ミニ鳥居」が有名で、3つすべてをくぐると元気な子供が産まれてくるとされています。地面に人工芝が敷かれてくぐりやすくなっています。

しかし一番小さな鳥居は27㎝しかないため妊婦さんは無理をしないようにしましょう。

社殿の中には初宮詣の時に赤ちゃんがくぐるための鳥居もあり、産まれた赤ちゃんを籠に入れてくぐらせ成長を願います。

長崎県 淡島神社

長崎県雲仙市の安産祈願 淡島神社

日によっては社務所に誰もいないこともあるので、安産祈願のご祈祷を希望される場合は必ず事前予約が必要です。

お守りのみをご希望させる方は料金箱が置いてありますので、ご自由に参拝されてください。

参拝後は置いてある腹帯を持って帰ることができ、無事に出産が終わったら新しい腹帯を納めるようになっています。

お礼のメッセージノートがありますので、先輩妊婦さんたちのメッセージを見て出産にのぞまれてみてはいかがでしょうか。

本堂の裏手には「道祖神」のお社があり、中には男根型、女陰型の御神体が祀られています。興味がある方は足を運んでみてください。


淡島神社詳細

淡島神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒859-1301 長崎県雲仙市国見町神代西里
電話番号:
0957-78-2111
祈祷料:
お問い合わせ
最寄り駅:
島原鉄道神代町駅から徒歩約15分
駐車場:
有 無料 17台

淡島神社辺のランチ・グルメ情報

現在、表示できる長崎県雲仙市にある淡島神社周辺のランチ、グルメ情報はありません。

スポンサーリンク
関連記事