妊娠中期に揃え始めよう!マタニティ下着、マタニティブラ、ショーツの選び方

妊娠中期になると、体型にも変化が表れてきます。特に変化が起こるのが胸やお腹。乳腺が発達することで胸が大きくなり、子宮が大きくなることでお腹が大きくなってきます。そうなると、これまで使っていたものと同じ下着では苦しくなってしまうもの。妊娠中期頃からはマタニティ用の下着を揃えていく必要があります。マタニティブラやマタニティショーツの選び方をご紹介します。

妊娠中期のマタニティブラの選び方

マタニティブラの選び方

マタニティブラの選び方

妊娠中には平均して2カップ以上サイズが大きくなります。では、普通のブラジャーの大きいサイズを購入すればよいかというと、それはNG。

妊娠前のブラジャーの役割とは、胸を美しく見せたり、体型の補正をすることなど。しかし、妊娠中には美しく見せるということよりも乳腺の発達を妨げないことが重要になります。

マタニティブラは、妊娠中の下着の重要な目的である、乳腺の発達を妨げないよう工夫した形となっているのです。

妊娠中期にマタニティブラを購入する場合の注意点としては、以下のような点が挙げられます。

  • 乳腺の発達を妨げない構造になっており、ノンワイヤーやソフトワイヤーで付け心地が楽なこと
  • 更に胸が大きくなる可能性を考え、少し大き目のサイズを購入すること
  • 産後も継続して使用できるよう、授乳に対応した機能が備わっていること

このようなポイントに注目して、選ぶとよいでしょう。

妊娠中期のマタニティショーツの選び方

マタニティショーツの選び方

マタニティショーツの選び方

最近では通常時には、浅めのショーツを履いている人も多いかもしれませんね。しかし、妊娠中には冷えは大敵です。

浅めのショーツでは、お腹が冷えてしまう可能性があるため、しっかりお腹を包んでくれるマタニティショーツは強い味方です。

マタニティショーツを選ぶ際のポイントとしては、次のような点に注意しましょう。

  • おへその上までつつむようなサイズで伸縮性のある素材
  • クロッチ部分は綿100%で白い色になっていること

クロッチ部分が白というのは、妊娠中のおりものや出血などにすぐに気づけるように、という理由からです。

妊娠中は少しの体調の変化にも注意しなければならないため、それに対応できるショーツを選んでおきましょう。お腹が目立ち始めたら、体に合った下着を選んでいきましょう。


スポンサーリンク
関連記事