妊娠中期にも起こる 早産、流産につながる子宮頚管無力症のとは

妊娠中は様々な原因により流産や早産になってしまう場合があります。妊娠中に起こる子宮頚管無力症も流産や早産の原因の一つ。子宮頚管無力症とは子宮口がゆるくなり、開き始めてしまうことで早産、流産に繋がってしまう危険のあるものです。

早産、流産につながる子宮頚管無力症とは

子宮頚管無力症とは

子宮頚管無力症とは

子宮頚管とは、子宮の出口にあたる部分のこと。分娩の時には、赤ちゃんがその部分を通って外に出てきます。

当然、分娩が始まるまでの間、妊娠期間中には子宮の出口はしっかりと閉じていなければいけません。

しかし、何らかの原因で子宮口がゆるくなり、開き始めてしまうことがあります。これが子宮頚管無力症。

本来閉じていなければならない子宮口が開いてしまうと、赤ちゃんを支えることができなくなり、早産や流産につながってしまいます。

また、開いてしまった子宮口から雑菌なども入りやすくなり、間接的に早産を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

子宮頚管無力症を引き起こす明確な原因はわかっていません。

しかし、過去に流産や中絶を経験している人などは、手術の時に子宮頚部を傷つけてしまっている可能性もあり、それが原因となる場合もあります。

また、子宮頸がんの手術では、子宮頚部が短くなっている場合もあり、そういった人は子宮頚管無力症になるリスクが高くなるようです。

子宮頚管無力症には予防法がありません。特に症状が出ない場合も多いため、妊婦健診などで妊娠経過をしっかり確認しておくことが重要です。

妊娠中期の子宮頚管無力症の対処方法

では、子宮頚管無力症になってしまった場合、どう対処すればよいのでしょうか。

子宮頚管無力症になってしまった場合、子宮口から赤ちゃんが下りてこないようにする必要があります。

そのため、対処方法としては子宮頚管を縛る手術が行われます。そして、臨月に入り赤ちゃんが十分成長していることを確認して抜糸。そのまま自然分娩を待つことになります。

過去の妊娠で子宮頚管無力症になった場合には、早い段階であらかじめ処置をしておくことも多いようです。


スポンサーリンク
関連記事