fbpx

愛媛県松山市の安産祈願 – 伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)

平成24年に御鎮座2300年祭が行われた「伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)」は開運縁起・商売繁昌のご利益があると信仰されている、とても古い歴史をもつ神社です。

椿神社としても知られる 伊豫豆比古命神社

言い伝えでは神話の孝霊天皇の時代に創建されたとされており、少なくとも平安時代の書物には神社に関する記述が残っています。

正式名称は伊豫豆比古命神社ですが、他にも「椿神社」や「お椿さん」と呼ばれ親しまれています。これは神社の昔の名称であった「つわき神社」が訛ったという説と、神社の境内に椿が自生していたからという説があります。

四柱の祭神のなかに「愛比売命(えひめのみこと)」という女神がいるのですが、この神様が廃藩置県の際に愛媛県の名称の由来になったとされていることから、この神社が地元でいかに大切に扱われていたかがうかがえます。

愛媛県松山市の安産祈願 伊豫豆比古命神社

伊豫豆比古命神社で安産祈願を受けられる場合は、楼門を過ぎて境内の右側にある「児守神社(こもりじんじゃ)」で行われます。

この神社の祭神は安産や子育ての神様として全国で古くから信仰されている「木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)」で、戌の日には多くの参拝者が訪れます。

事前予約は必要ありませんが、安産祈願は戌の日にしか行われていません。戌の日の午前10時と午後2時の2回行っていますので、希望する時間の10分前までに御祈祷受付所で受付を済ませてください。

ホームページ上で詳しい日時などが確認できますので、参考にしてください。腹帯を持参すると一緒にご祈願していただけます。

混雑時は残念ながら妊婦さんか代理人のみの昇殿となりますが、20分ほどで安産祈願は終了します。

妊婦さんに優しい!四国地方でマタニティプランのある温泉宿
関連記事:
妊娠中の旅行におすすめ!マタニティプランがあるお宿2選~四国編

伊豫豆比古命神社へ実際行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

戌の日の安産祈願
平均評価:  
 0 口コミ

伊豫豆比古命神社の動画

※音声があります。ご注意ください。

伊豫豆比古命神社の詳細

Screenshot of www.tubaki.or.jp

神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒790-0934 愛媛県松山市居相2丁目2−1
電話番号:
089-956-0321
受付時間:
9:00 から 16:00 予約は必要なし
祈祷料:
1万円から
最寄り駅:
JR「松山駅」より車で約10分
駐車場:
有 無料 200台
公式サイト:
http://www.tubaki.or.jp/

伊豫豆比古命神社周辺のグルメ・おすすめランチ

伊豫豆比古命神社周辺のグルメ・レストラン情報です。クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


もつ鍋 まる 椿参道店

平均予算:3000円~4000円


カフェトレイン カメリア

平均予算:1000円


ALLEGRIA 松山

平均予算:1000円


鳥ロマン はなみずき店

平均予算:2000円

スポンサーリンク
関連記事