妊娠中にの冷えはトラブルのもと!難産を避けるためにも冷えを予防しよう!

一般的に、女性は男性に比べて冷え症の人が多い、という印象が強いですよね。しかも、女性は妊娠することでさらに冷え症にかかる確率が高くなる、という事をご存知でしょうか。しかし、妊娠中の女性にとって冷えは大敵。妊娠中の冷えは難産を招きかねないトラブルのもとなのです。原因を知ってしっかり冷えを予防していきましょう!

妊娠中に冷えやすくなる原因

妊娠中はホルモンバランスが通常と違う状態になり、その影響がいろいろと現れます。

実は、妊娠中に冷えるのもホルモンバランスの影響によるもの。

ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れ、体温調節がうまくできなくなることがその原因。

適切な体温調節が行われないため、体が冷えやすくなってしまうのです。

妊娠中の冷え改善

妊娠中の冷え改善

また、お腹が大きくなることによって姿勢が悪くなってしまうことも冷えの原因の一つ。

姿勢が悪くなると、血管が圧迫されてしまい血行が悪くなり、冷え症を引き起こしてしまうのです。

妊娠中に体が冷えると、つわりがひどくなったり、お腹が張りやすくなるなどのトラブルを引き起こしやすくなります。

また、難産のリスクが上がるとも言われているため、冷え症にならないよう、注意が必要です。

妊娠中の冷えの効果的な予防方法

冷え症に対処するには、入浴やマッサージ、腹巻きなど外側からの対処法も大切ですが、体の中から改善するのが最も重要。

そのためには食生活に注意をしなければいけません。

体を冷やしてしまう食べ物をなるべく避け、体を温める食べ物を選ぶよう、心がけましょう。

体を冷やす食べ物としては生野菜や南国のフルーツなどが代表的。

スイカなど夏の食べ物は体を冷やす効果があるので、暑い時期でも食べ過ぎないように注意しましょう。

妊娠中の冷え予防方法

妊娠中の冷え予防方法

体を温める食べ物は大根やカブ、ニンジン、ゴボウなどの根菜。

根菜を中心とした煮物などを食べるのがおすすめです。

また、体を温めるものとしてはショウガがよく知られていますよね。いつも飲んでいるノンカフェインティーに、すりおろした生姜を少し入れてみても体がほかほかと温まってきますよ。

ショウガももちろん効果的ですが、刺激物のため摂りすぎには注意しましょう。


スポンサーリンク
関連記事