早産と切迫早産の違い、名前は似ていても実は別のこと

妊娠中期以降に発生するトラブルとして挙げられるのが早産や切迫早産です。早産と切迫早産、名前は似ていますが実は別物です。

妊娠中期以降に起こる早産と切迫早産の違い

早産と切迫早産の違い

早産と切迫早産の違い

通常、分娩は妊娠37週~41週に起こり、この時期に出産することを正期産と呼びます。

しかし、何らかのトラブルにより37週よりも前に出産が起こってしまうことがあり、これが早産と言われるもの。

ちなみに37週以前であっても、22週以前の場合には流産となり、早産とは全く別の扱いとなります。

早産になってしまった場合、赤ちゃんがお腹の中で十分成長していない場合が多くなります。早産の場合、一般的に早く生まれてしまった赤ちゃんほど、体重が軽く、障害が出る可能性が高くなります。

そして、切迫早産とは、早産の一歩手前の早産になってしまいそうな状態のこと。

子宮の収縮が頻発したり、子宮口が開いてしまうなどの状態を、切迫早産と呼びます。

切迫早産になってしまった場合には、子宮の収縮を抑える薬を投与したり、安静にするなどして医師の判断に従わなければいけません。

早産や切迫早産の原因

早産や切迫早産の原因

早産や切迫早産の原因

なぜ早産や切迫早産になってしまうかについては、決まった原因があるわけではありません。

しかし、起こりやすい状況としては、多胎妊娠の場合や子宮頸管無力症の場合、子宮奇形など子宮に異常がある場合が挙げられます。

このような要因がある人が必ずしも早産になるわけではありませんが、可能性が高い人は特に注意しなければいけません。

また、妊娠中に無理をした場合などにも、切迫流産の可能性が高くなります。

切迫流産の兆候としては、不正出血やお腹の張り、下腹部痛など。

そして、子宮口が開いてしまい、破水につながるケースもあります。

もし、このような症状がみられたり、いつもと違うような感じがある場合には、早めにかかりつけの産婦人科を受診しましょう。


スポンサーリンク
関連記事