ちょっとドキドキ?!赤ちゃんの性別がわかるのはこの時期!

妊娠すると気になるのは、産まれてくるのは男の子か女の子か、ということ。もちろん無事に産まれてくれればどちらでも良い、とは思うものの、やはり性別のことは気にはなりますよね。赤ちゃんの性別は受精の時には決まっているものですが、ある程度妊娠週数が進まなければお腹の外から知ることはできません。赤ちゃんの性別が分かるのはいつ頃なのでしょうか。ちょっとばかりドキドキしてしまいますね。

赤ちゃんの性別の判定方法

赤ちゃんの性別の判定方法

赤ちゃんの性別の判定方法

赤ちゃんの性別を判定するのは、妊婦健診の時。健診時に行う超音波検査で赤ちゃんの状態をみたときに、性別が分かる場合があります。

性別は基本的に超音波検査で見えた外性器から判定されます。

また、外性器が見えない場合でも、内性器である子宮が見えることがあり、その場合は女の子と判定することが可能。
どちらにしても、超音波検査で性器が見える位置になければ、性別を判定することはできません。

赤ちゃんの性別はいつどのようにして決まる?

赤ちゃんの性別は赤ちゃんがある程度成長しなければわかりませんが、性別自体はもうずっと前から決まっています。

精子が卵子とくっつき、受精した瞬間にもう性別は決まっているのです。精子にはX染色体を持つ精子とY染色体を持つ精子がいます。卵子がX染色体の精子と結びつくと女の子、Y染色体の精子と結びつくと男の子になるわけです。

ここで良く聞く「産み分け」。これってどう行われているかご存知ですか?

X染色体を持つ精子は酸性に強く、Y染色体を持つ精子はアルカリ性に強いという特徴があります。

そこで「産み分け」を希望する場合は、膣内のpHを調整することで酸性・アルカリ性をコントロールすると言う方法がよく使われています。

赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠中期以降

赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠中期以降

赤ちゃんの性別がわかるのは妊娠中期以降

赤ちゃんの性器が発達して男女の違いが出てくるのが、妊娠9週頃からになります。まだまだ超音波では見えませんが、もう男女の体の違いが少しずつ出てくる頃です。

この頃の胎児はまだ小さいので細部を見るのは難しいですが、男性ホルモンが働くと男性器の部分が伸びて男の子のような形になります。

11週頃には違いがはっきりしてきますが、体の外から赤ちゃんの性別がわかる時期は、概ね妊娠中期以降。

安定期に入った16~17週からわかるケースもありますが、多いのは18~19週頃となります。20〜22週になるともうほぼ確実に性別はわかるようになります。

ただし、赤ちゃんの性別を判定する方法は、上で紹介したとおり超音波検査によって見えるかどうか。

そのため、週数が進んでいっても、たまたま健診時の体勢などが悪く、ちょうど性器が見えない場合には、判定することができません。

また、この判定というのはあくまでも体の外側からの検査によって行うもの。そのため、判定は100%正しいというわけではありません。

検査機器の精度が上がっているため、昔に比べれば判定の間違いも減ってきていますが、やはり産まれてみなければわからないものと考えておくのがちょうどいいかもしれませんね。

赤ちゃんの性別を予想する楽しみ

昔は産まれてくるまで女の子か男の子かはわかりませんでした。超音波検査で子宮の中の赤ちゃんの様子がわかるようなったのも長い人類の歴史ではつい最近です。

超音波検査で性別がわかる今でも、産まれた時のお楽しみに、と性別をわざと教えてもらわないようにするご夫婦もいますね。

昔から妊娠五ヶ月の戌の日に腹帯を巻いて神社や寺院に安産祈願に行くという風習がありますが、神社やお寺によっては御守りと一緒にいただける腹帯の名前が女の子なら女の子、男の子なら生まれてくる子も男の子、というようなジンクスるがあるところもあります。

妊娠中期になると体の調子も落ち着いてきますので、そんなジンクスを楽しみながらご夫婦で安産祈願に行ってみるというのも二人の思い出に残るかもしれませんね。


スポンサーリンク
関連記事