妊娠5カ月、16週目頃か始まる安定期の過ごし方

妊娠中は様々な体調の変化があり、不安な点もいろいろありますよね。そのため、安定期に入ると安心する妊婦さんも多いでしょう。胎盤がほぼ完成してくるため、体調も落ち着いてきて流産のリスクも減ってきます。だんだんと妊婦さんらしい体つきになってきます。だんだんと落ち着てい来る安定期、体を動かすことも含め、少しずつ出産の準備をしていきましょう。

安定期とはどんな時期?

安定期とは、一般的に妊娠5ヶ月頃からの妊娠中期に当たる期間のこと。では、なぜこの時期が安定期と呼ばれるのでしょうか。

妊娠中期、安定期とは

妊娠中期、安定期とは

この時期が安定期と呼ばれる一番大きな理由は、流産の危険性が下がることです。

流産の大半は妊娠初期に起こるため、5ヶ月になれば可能性はかなり低くなります。この頃になると、胎盤がほぼ完成することが、その理由かもしれません。

また、妊娠初期にはひどいつわりになる人も多いですが、中期になる頃にはつわりがおさまってくる人がほとんど。
体調が整ったり、妊婦さん自身も妊娠中の体調の変化に慣れてくるケースも多く、余裕が出てくるのがこの時期なのです。

妊娠中期、安定期の過ごし方

安定期になると、妊娠初期と比べ体のだるさが減ったり、気分がすぐれない日も少なくなります。そのため、妊娠中期のおすすめの過ごし方は、少し体を動かすなど行動すること。

マタニティスイミングやウォーキング、マタニティヨガなど、妊婦さん向けのスポーツはいろいろとあります。そういったスポーツを始めるのは安定期からがおすすめです。

軽い運動をしよう

軽い運動をしよう

また、妊婦さん向けの母親教室などはこの時期から参加できるものが多くあります。

かかりつけの産婦人科などで開かれているため、参加しておくと出産準備のために役立ちます。

妊娠中に旅行をしておきたい場合にも、お腹があまり重くなり過ぎない安定期がおすすめです。

妊娠初期は体調も安定しませんし、後期になると早産の心配も出てきてしまいます。出産後は赤ちゃんのお世話が始めるのでなかなか旅行に出かけると余裕も産まれないかもしれません。旦那様とゆっくりと二人きりの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?安定期には少しアクティブに過ごしてみるのもよいでしょう。

ただし、安定期と言っても絶対に流産の危険性がないわけではありません。また、妊娠中は体調の変化というのも起こりやすいものですので、十分注意して行動することは必要です。

だんだんと体が落ち着いてくる安定期。小旅行も兼ねて安産祈願に行ってみるというもいいですね。


スポンサーリンク
関連記事