妊娠中期、安定期に母親学級に参加するメリットとは

産婦人科や自治体などでは、妊婦さんを対象とした母親学級が開かれており、妊娠中期頃になると案内が来る場合があります。母親学級はこれからの出産や出産後のことを学べる機会です。同じ頃に出産を控えた他のママと知り合いになれることもあり、旦那様と出席することでパパになる自覚も持ってもらえるよいチャンスですので、積極的に参加しましょう。

母親学級に参加して他のママとも知り合いになろう!

母親学級とは出産を控えた妊婦さんが、出産時の流れや心構え、妊娠中に必要な栄養のことや出産に備えて準備するものなど、様々なことを学ぶことができる場。

助産師さんや栄養士さんなどが先生となり、妊婦さんにとって有用な情報を伝えてくれます。

また、赤ちゃんの沐浴の練習をしたり、簡単な体操などを行う場合もあり、なかなか自宅ではできない体験をすることができるのです。

母親学級にも参加しよう

母親学級にも参加しよう

そして、他のママと交流ができるのも母親学級の良いところです。

出産や育児はなかなか人と共有することができず、孤独で不安になってしまう場合もあるでしょう。

でも同じ環境のママさんと交流することで、妊娠中や出産後の悩みなどを相談し合うこともできます。特に同じ時期に妊娠中から知り合いになっていると、赤ちゃんが産まれてからも関係が続けやすいということもあります。

母親学級には旦那様と夫婦で出席できるところも多くありますので、旦那様にパパとしての自覚を持ってもらうためや、出産後のお手伝いをしてもらう心の準備として一緒に参加するのもよいでしょう。

母親学級に参加するのは安定期がベストな理由

母親学級は通常、妊娠中期頃~を対象に行われています。

後期の妊婦さんを対象に行われている母親学級もありますが、通常は安定期に入って以降であれば、特にいつまでという指定がないクラスが多いようです。

そのため、いつでも都合の良い時に参加すればよいのですが、おすすめなのは安定期に入ってから、あまり遅くならないうちに参加すること。

母親学級にも参加しよう

母親学級にも参加しよう

後期に入るとお腹がかなり大きくなり体も重くなるため、話を聞いているだけでも体が辛くなってしまう場合もあります。

妊娠中は体調が変わりやすく、安定期に入って調子が良いからと言って後回しにしていると、トラブルなどで行けなくなってしまう可能性もあるのです。

また、妊娠中の栄養相談などがある場合、なるべく早く聞いておいた方が、妊婦生活に役立つもの。そのため、安定期に入って都合のよいクラスがあったら、早めに参加しておきましょう。


スポンサーリンク
関連記事