妊娠中の旅行、マタ旅を計画するなら安定期に入ってから

妊娠中というのはいろいろな体調の変化があり、旅行などに行っても良いのかどうか迷うもの。とはいえ、出産してしまうとなかなか旅行に行くのも難しいと考えると、できれば妊娠中に行っておきたい、と思う人が多いでしょう。安定期に入れば、という話も良く聞きますが、実際にはどうなのでしょうか。マタ旅を考えている人にとって、おすすめの時期と注意するべき点を紹介しましょう。

妊娠中の旅行は安定期に入ってからが基本

妊娠中の旅行

妊娠中の旅行

妊娠初期の間というのは、特に体調の変化も起こりやすく、つわりなどで体調が悪い人も多いでしょう。

その状態ではなかなか旅行というものは難しいですよね。

そのため、安定期に入り、体調が実際に安定してきたと感じた時に旅行を考えるのが基本。

妊娠後期に入ると赤ちゃんの状態は安定しますが、お腹が大きくなってくるので、移動で長時間座ることなどが辛くなってくる場合があります。

そのため、安定期に入り、あまりお腹が大きくならないうち、というのがおすすめの期間です。

しかし、妊娠の経過というのは人によって異なるため、安定期に入れば絶対に大丈夫、というわけではありません。あくまでも自分の体調を考えながら、検討しましょう。

体調に問題がなければかかりつけの医師に相談し、許可を得るのが基本です。

妊娠中の旅行は無理のないスケジュールで

旅行に行くとなると、あれも見たい、ここにも行きたい、などといろいろな行事を詰め込んでしまう人もいるでしょう。

しかし、安定期と言っても、妊娠していない状態とは違い、体調の変化は起こりやすいもの。無理をするのはあまりよくありません。

そのため、基本的にはゆったりしたスケジュールを組むことが重要。

必ず行った先で休める場所を確保しておくなど、少し疲れた時には無理をしないのが大切です。

移動手段も飛行機などでは体調の変化への対応が難しいので、車や電車など、臨機応変に対応できる手段を考えておくとよいでしょう。

また、必ず訪ねる先の近くにある産婦人科など、医療機関の情報は確認しておきましょう。

スポンサーリンク
関連記事