妊娠中期の正しい食生活、知っておくべきお刺身や魚を食べる時の注意点

妊娠中に食べる物というのは、直接赤ちゃんの成長に関わるもの。そのため、食べてよいものとダメなものはしっかり知っておきたいですよね。日本人は、日常生活で魚を食べることも多いですが、魚、特に生魚は食べても大丈夫なのか気になるところです。注意点を知っておきましょう。

そもそも妊娠中期に魚を食べても良い?

妊娠中に魚は食べれる?

妊娠中に魚は食べれる?

妊娠中に魚を食べることで気になるのは、水銀の量のこと。実は、一部の魚は食物連鎖の中で、水銀を体内にため込んでしまう場合があります。

そして、妊娠中に水銀を摂取することにより、赤ちゃんに悪影響が出る可能性が高くなるのです。大量に食べた場合の影響として、産まれてから音を聞いた場合の反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れる可能性がある、というもの。

1/1,000秒以下と言われてもあまりピンときませんが、赤ちゃんへのリスクはなるべく減らしたいですよね。そのため、妊娠中に魚を食べる場合には、水銀の含有量が少ないと言われている魚を選ぶことが重要になってくるのです。

厚生労働省による勧告では、特に問題ないとされている魚はキハダ、サケ、アジ、イワシ、サバ、タイなど。逆に妊娠中は大量に食べることがないよう、注意が必要とされているのは、キンメダイ、本マグロ、クジラ、イルカなど。

魚にはDHAやEPAなど、赤ちゃんのために良い栄養素も多く含まれます。そのため、注意すべき魚だけを避けて、バランスよく魚も摂取するようにしましょう。

妊娠中期に生魚やお刺身、お寿司はOK?

妊娠中に生魚は食べれる?

妊娠中に生魚は食べれる?

魚と言っても、生魚となると、また少し話が変わります。

妊娠中というのは免疫力が低下しているもの。そのため、火を通していない生魚を食べることで、食中毒のリスクがあります。

特にもともと胃腸が弱い人などは注意が必要になってきます。妊娠中は市販の薬を飲むこともできないので、もし腹痛や下痢になってしまうと耐えるのも大変ですし、食中毒で下痢になってしまうと、子宮の収縮が起こるため流産してしまう可能性が高くなってしまうことが一番の懸念事項です。

好きなものを我慢するのもストレスに繋がってしまいますし、生魚が絶対にダメ、というわけではありませんが、食べる場合には鮮度に十分注意しましょう。


スポンサーリンク
関連記事