妊娠中期から気をつけたい妊娠高血圧症 (妊娠中毒症)

妊娠中期以降になると体は妊娠に適応してきますが、高血圧などの症状が出てくることがあるでしょう。この高血圧が見られる場合、症状によって「妊娠高血圧症」という名称がつけられる場合があります。「妊娠高血圧症」になると、子宮や胎盤に血液が流れにくくなり赤ちゃんに酸素や栄養が不足してしまうことが考えられます。

-->

妊娠中期以降に起こりやすい妊娠高血圧症とは

以前は、妊娠前にはなかった高血圧、タンパク尿、むくみなどの症状が出る場合のことを「妊娠中毒症」と呼んでいました。

しかし、研究が進むにつれ、むくみやタンパク尿だけであれば、妊娠の経過に異常が起こる可能性は少ないことが判明。

妊婦さんの体や赤ちゃんに影響を与える可能性があるのは、高血圧だということが分かってきたのです。

妊娠高血圧症とは

妊娠高血圧症とは

そこで、高血圧に着目して、正常な妊婦さんとは区別して管理しようとしたのが「妊娠高血圧症」です。

現在、妊娠高血圧症の定義は、「妊娠20週以降、産後12週までに高血圧が見られる場合」となっています。

高血圧の定義は最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上です。

妊娠高血圧症は、妊婦さんの20人に1人の割合で発症すると言われているメジャーな症状です。

多くは妊娠32週以降の後期に入ってから発症するのが一般的ですが、妊娠中期など32週より前に発症した場合には、重症化しやすいため、注意をしなければいけません。

万が一重症化してしまうと、妊婦さんの体に脳出血や肝機能障害などの異常が発生したり、赤ちゃんの発育が悪くなるなど、様々な影響が起こることが考えられます。

妊娠高血圧症の原因については、研究が進められているものの、現時点でこれという原因はわかっていません。

妊娠高血圧症になりやすい人はこんな妊婦さん

妊娠高血圧症の原因

妊娠高血圧症の原因

妊娠高血圧症になりやすい人としては、以下のような人が挙げられます。
・糖尿病、高血圧などの持病のある人
・40歳以上の高年齢出産
・肥満体型の人
・家族に高血圧の人がいる場合

原因が分かっていないため、予防法なども確立されていませんが、何か気になる症状があったり、不安がある場合にはすぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。


スポンサーリンク
関連記事