妊娠中になりやすい膀胱炎、妊娠中期には要注意!

妊娠中期頃から起こりやすいトラブルとして、膀胱炎があります。女性はもともと、男性に比べると膀胱炎になりやすいものですが、妊娠中には更に膀胱炎になりやすくなってしまうのです。膀胱炎は一度なってしまうとクセになりやすいので、しっかり予防して行くことが大切です。

妊娠中期に膀胱炎に注意が必要な理由

妊娠中は様々な体調の変化が起こりますが、その一つに免疫力の低下があります。

免疫力が低下すると、細菌などに感染しやすくなるため、その結果膀胱炎が引き起こされる場合があるのです。

その他の細菌にも感染しやすくなるので、注意しなければいけません。

妊娠中の膀胱炎

妊娠中の膀胱炎

さらに、妊娠中はおりものが増加するもの。

このおりものによって、細菌が繁殖しやすくなることも、膀胱炎の原因の一つです。

そして、妊娠中期以降になると、子宮がかなり大きくなってくることで、膀胱が圧迫され、尿意を感じやすくなります。

しかし、実際にトイレに行ってみてもあまり出なかったり、残尿感なども感じるもの。

そのような状況が続くと、尿意を感じるのは妊娠によるものと考えて我慢することが増え、膀胱炎を引き起こしてしまうのです。

膀胱炎の予防と対処法

膀胱炎を予防するには、何と言ってもこまめにトイレに行くことが重要になります。

そして、水分を十分に摂ることも必要です。

妊娠してお腹が大きくなってくると、膀胱を圧迫して尿漏れを起こすことがあります。

おりものシートなども活用して、清潔を保つようにし、細菌が繁殖しづらい環境を作りましょう。下着が汚れたらこまめに取り替え、妊娠していない頃よりも注意していくようにしましょう。

そして、異常を感じたらすぐに受診することが重要。

尿の色が白く濁るようになったり、排尿時に痛みを感じるなどの症状がある場合、膀胱炎になってしまっている可能性があります。

すぐに治療を始めることで、悪化が防げるので、自分の尿の状態には十分注意しておきましょう。

もし膀胱炎になってしまった場合、抗生物質や消炎剤などが使用されます。

妊娠中に薬を飲むことに抵抗のある人も多いかもしれませんが、これは、妊娠中でも使用できる安全が確認されている薬。

医師の指示に従って服用し、しっかり治療しましょう。


スポンサーリンク
関連記事