妊娠中期の妊娠糖尿病の赤ちゃんへの危険性と正しい予防方法

妊娠中はホルモンバランスの影響などから、様々な体調の変化が起こります。そのため、妊娠前と変わりのない生活を送っていても、それまでにはなかった病気などを発症してしまうことも。そのような例の一つとして挙げられるのが妊娠糖尿病。

妊娠中期に起こりやすい妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発生する糖代謝異常のこと。

妊娠前から糖尿病と診断されていた場合や、妊娠中に”糖尿病である”という診断が下った場合には、妊娠糖尿病には含まれません。

そのままにしておくと流産の危険性があり、奇形をもつ赤ちゃんが生まれる可能性もあります。妊娠糖尿病と診断されたら、しっかりと治療をしていきましょう。

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病になってしまう原因は、妊娠中に分泌されるホルモンによるもの。

妊娠中にはプロゲステロンなどの女性ホルモンが分泌されますが、このホルモンには、インスリンの働きを抑えるという機能があります。

インスリンの働きが抑えられるということは、血糖値が上昇しやすくなるということ。

通常であれば、このような症状が起こる場合には、自然にインスリンの分泌量が増え、血糖値が上がりすぎないように調整が起こります。

しかし、体質などによってはインスリンの分泌量が不足してしまい、血糖値が上昇してしまうのです。

妊娠糖尿病になりやすい人は、家族に糖尿病の人がいたり、肥満体型である人、35歳以上の高齢出産の場合などが挙げられます。

しかし、そういった条件に当てはまらない場合でも妊娠糖尿病になってしまう場合はあるので、安心することはできません。

妊娠糖尿病の対処法

妊娠糖尿病と診断されてしまった場合、食事療法や運動療法を行っていきます。

食事療法は糖分の摂りすぎを抑えたり、バランスのよい食事を心がけるようにすること。

1日の摂取カロリーをオーバーしないよう、コントロールすることも重要です。

そして、運動療法としては、あくまで体調と相談しながらですが、軽めのウォーキングやマタニティヨガ、マタニティスイミングなどが推奨されます。

妊娠糖尿病の治療

妊娠糖尿病の治療

この食事療法と運動療法は、対処法としてだけでなく、予防法としても有効。

それ以外にも妊娠中の体重維持など良い効果があるため、妊娠糖尿病の不安がない人でも気を付けるようにしましょう。

なお、食事療法や運動療法などの対処法を行っても症状が改善されない場合、内服薬が処方されたり、インスリン療法が必要となることもあります。


スポンサーリンク
関連記事