妊娠中にどうしてげっぷが出る?その理由と対処方法

妊娠中はつわりなどよく知られているトラブル以外にも、いろいろな症状が起こります。げっぷが出やすくなるのもその一つですが、これは大きくなった子宮が胃を圧迫して出るものです。食べ物を少し気を付けることで、このげっぷが改善するかもしれません。原因と対処方法を見ていきましょう。

妊娠中期にげっぷが出やすくなる理由

げっぷが出やすくなる理由

げっぷが出やすくなる理由

げっぷというのは、食べ物と一緒に体に取り込まれたガスや空気が胃の中にたまり、それが口から排出される現象のことをいいます。

妊娠初期にはつわりの症状の一つとして、げっぷが多くなることが知られています。

しかし、つわりがおさまって安定期に入った後、またげっぷの症状が復活してしまうことがあるのです。

妊娠中期にげっぷが出る理由は何なのでしょうか。

妊娠中期になると、個人差もありますが子宮も初期に比べてかなり大きく成長してきています。この頃になると、その大きくなった子宮が胃を圧迫するもの。

胃が圧迫されることで、胃腸の動きが阻害されてしまうのです。

また、妊娠中というのは胃酸の分泌が減っており、消化不良を起こしやすい状態。そのため、胃の中にガスがたまりやすく、げっぷという症状で出てきてしまうのです。

妊娠中期のげっぷの改善方法

げっぷの改善方法

げっぷの改善方法

では、妊娠中期のげっぷはどのように改善すればよいのでしょうか。

げっぷを防ぐためには、やはり口にする食べ物や飲み物に注意をすることが必要。

つまり、食べ物や飲み物に注意をすることで、その原因の一つである消化不良を起こしやすい状態を改善することが大切なのです。

そのためには、一度の食事で食べる量を減らしたり、揚げ物などの油っこい物は避け、消化の良い食べ物を選びましょう。

また、辛いものなどの刺激物は弱った胃腸にはよくありませんので、避けた方が無難です。飲み物としては、空気を多く含む炭酸飲料などは飲まないようにしましょう。

しかし、げっぷが出るのを抑える努力をすることは必要ですが、妊娠中にげっぷが出るのはある程度は仕方がないこと。
あまり気にしすぎるとストレスになってしまい、よくありません。

げっぷが出ているからと言っておなかの赤ちゃんに影響はないため、ある程度は受け入れることも必要でしょう。


スポンサーリンク
関連記事