妊娠中期に起きる腹痛や下痢の原因と対処方法

妊娠中には、ホルモンの影響などから腸に影響が出ることが多く、便秘になってしまうことがよくありますが、実は腹痛を感じたり下痢になってしまう場合もあります。妊娠中は下痢になっても薬を安易に飲むわけにはいかないので、困りますよね。妊娠中の腹痛や下痢はどのように対処していけばよいか見ていきましょう。

-->

妊娠中の腹痛や下痢はどうして起きる?

妊娠中期の腹痛や下痢の原因

妊娠中期の腹痛や下痢の原因

妊娠中期の下痢の原因は一つではなく、様々な要因があります。

まず、妊娠中は女性ホルモンが通常よりも多く分泌されるようになります。その女性ホルモンのうちの一つ、黄体ホルモンが腸に影響を与えるのです。

この黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑えるという妊娠中には重要なホルモン。しかし、それと同時に腸の働きを抑える作用があります。

そして、腸の働きが悪くなることによって、便秘や下痢になってしまうのです。

次に原因として考えられることは、妊娠中期以降になると、赤ちゃんが育って子宮が大きくなることによる影響もあります。

大きくなった子宮によって腸が圧迫されてしまい、胃腸の動きが妨げられることも。そのため、胃腸が通常と違う動きをすることがあり、それが腹痛や下痢の原因となってしまうのです。

そして、妊娠中はホルモンバランスの影響から、自律神経が乱れやすいものです。この自律神経の乱れも下痢の原因の一つになってしまうのです。

妊娠していなければ、腹痛や下痢は市販の薬を飲んで抑えることが可能ですが、妊娠中は市販薬を飲むわけにもいきません。不快な腹痛や下痢はどのように対処していったらよいのでしょうか?

妊娠中期の腹痛や下痢の対処方法

妊娠中期の腹痛や下痢の対処方法

妊娠中期の腹痛や下痢の対処方法

妊娠中期の下痢は、軽いものであればあまり気にする必要はありませんが、腹痛や下痢が長く続く場合には注意が必要です。

下痢になることで、お腹の張りが出たり、子宮口が開きやすくなって流産や早産になってしまう可能性もあります。そのため、様子を見ながら診察を受けましょう。

もともと妊娠の経過があまりよくない場合などは、軽い下痢であっても念のため診察を受けた方が良いかもしれません。

また、自分でできる対処法としては、やはり胃腸に負担をかけない食事をすることです。胃腸に刺激の強い食べ物や、油分の多いスナック菓子や揚げ物など消化の悪い食べ物は避けるようにしましょう。

そして消化のよいおかゆや蒸しパンなど温かい食べ物や飲み物をとるようにし、中からも外からも体を冷やさないようにしましょう。


スポンサーリンク
関連記事