妊娠中期に吐き気を感じるのは正常?吐き気の原因と対処方法

妊娠中というのは、通常と違い体調にも様々な変化が表れます。特に妊娠初期はつわりなどのために吐き気をもよおすことも多いでしょう。通常、妊娠中期になり安定期と呼ばれる時期になれば、このような吐き気などは徐々におさまるもの。しかし、妊娠中期になっても吐き気を感じる場合もあるのです。

妊娠中期の吐き気の原因

妊娠中期の吐き気の原因

妊娠中期の吐き気の原因

妊娠中期の吐き気の原因として、まず考えられるのはホルモンの影響です。妊娠中には女性ホルモンの分泌が増加しますが、そのうちのプロゲステロンがその原因。

プロゲステロンには様々な作用がありますが、そのうちの一つに吐き気をもよおすという作用があるのです。

生理前などに気分が悪くなったり、胃がむかむかするような感じを経験した人も多いと思いますが、それもプロゲステロンの影響です。

また、妊娠中期になると、少しお腹が大きくなり目立ってくる人もいます。お腹がどの程度大きくなるかというのは人によるのですが、人よりも大きくなっていると感じる場合には、大きくなった子宮により胃が圧迫されている可能性があります。

多胎の場合や、平均より大きな赤ちゃんの場合、このような原因での吐き気が起こるようです。

妊娠中期の吐き気への対処方法

吐き気の対処方法

吐き気の対処方法

妊娠中期でも吐き気が続いている場合、まずは食事に注意してみましょう。食事の内容としては、消化のよい食べ物を選ぶのが基本。

調子が悪いと感じたら、おかゆやうどん、野菜中心の食事にするなど、あっさりしたものを選ぶようにしましょう。スナック菓子や揚げ物など脂っこいものや消化の悪いものは胃腸に負担をかけるため、吐き気が悪化してしまうことがあります。

また、食事の仕方でも吐き気の対処ができます。

つわりの時などに、少量ずつを何回かに分けて食事をした経験がある人もいると思いますが、この食べ方は妊娠中期でも有効です。

一度に食べ過ぎると、胃の圧迫感がよりひどくなってしまうので、小分けにして食事をするのが一番です。

どうしても吐き気がひどくて辛い、と言う場合には、産婦人科を受診して相談しましょう。妊娠中でも飲むことができる漢方薬などもあるため、そういったものを処方してもらえば楽になります。


スポンサーリンク
関連記事