妊娠中に気をつけたいお風呂の入り方、避けたい入浴剤とは?

妊娠中というのは通常と体調が異なるため、日常生活でも注意しなければならないことも多くあります。例えば、妊娠中にお風呂に入る時にも注意しなければいけないことはいくつかあります。妊娠中に避けた方が良い入浴剤があることを知っていますか?妊娠中の入浴方法について見ていきましょう。

妊娠中にお風呂に入る時の注意点

妊娠中の入浴方法

妊娠中の入浴方法

妊娠中はふとしたことから体調を崩しやすいもの。お風呂はリラックスできる時間ではありますが、体調に影響を与えやすいため注意しなければいけません。

入浴は家族の誰かがいるタイミングで

まず、急な体調の変化や入浴時のトラブルに対応できるよう、家に誰かがいるタイミングで入浴するよう心がけましょう。

お風呂の中で気分が悪くなったときの合図などを決めておくと良いかもしれません。

滑りやすい浴室の床に注意

浴室の床は滑りやすい状態のため、転倒しないように注意が必要。滑り止めのマットなどを敷いておくと、子供が産まれてからも使えるので便利です。保湿用のオイルなどを浴室で使った場合は、滑りやすくなるので十分注意しましょう。

前かがみで洗うのがつらくなる時期

妊娠中期頃からはお腹が大きくなってくるため、前かがみになって体を洗うのが辛くなってきます。もし前かがみになって頭を洗うくせがついている場合は、今のうちから頭を少し後ろにする形で頭を洗うようにしていくといいですね。

前かがみになって頭を洗うと、お腹が大きくなってから苦しいだけでなく、シャンプーの洗浄剤が顔にかかってしまうため、敏感な妊娠中の肌が荒れてしまうということがあります。

シャンプーは洗顔料などと比べて洗浄力が高いため、妊娠中のニキビや肌荒れの原因は頭を洗うポーズだったりすることもあるのです。

ぜひ見直してみてくださいね。

長時間の入浴には注意、入浴後はしっかり保湿を

また、入浴時の際にはのぼせないよう、あまり長時間入浴しないようにしましょう。冬場などは、お風呂から出た後に体を冷やさないようにするのも大切です。

そしてお風呂から出た後はお腹周りの保湿も忘れずに。妊娠中期からはお腹が目立ってくるので妊娠線予防を本格的に始めたい時期です。妊娠線は、お尻や胸にもできやすいので、しっかり保湿するようにしましょう。

妊娠中に避けたい入浴剤とは?

妊娠中に避けたい入浴剤とは?

妊娠中に避けたい入浴剤とは?

妊娠中は肌などが敏感になっているもの。そのため、妊娠前に使用していた入浴剤でも刺激が強かったり、肌荒れが出てしまう可能性があります。

まず妊娠中には、刺激の強いものや匂いの強い入浴剤は避けた方が無難です。発汗作用のあるものや、クール入浴剤など、特殊な効果のあるものは、極力使用しないようにしましょう。

そして、妊娠中には使用が禁止されているアロマなどがあります。

カモミールやヒノキ、ジャスミンやペパーミントなどが挙げられますが、これらはホルモンに影響を与える可能性があり、少しであれば問題ないとされていますが、大量に使用した場合にはお腹の赤ちゃんに悪影響が出る可能性があるのです。

そのため、通常ではリラックス効果のある入浴剤が、妊婦さんにとっては危険な場合も考えられます。

では、妊娠中にはどういったものを選べばよいかというと、安心なのはベビー用の入浴剤なんです。

赤ちゃん用のため刺激が少なく、妊娠中の肌にも優しい成分です。赤ちゃんが産まれてからも使えるため、肌の乾燥が気になる場合は試してみるとよいでしょう。

ちなみに保湿作用のある入浴剤を使用することで、お風呂の中が滑りやすくなってしまう場合もあります。転倒しないよう、十分注意して入浴しましょう。


スポンサーリンク
関連記事