北海道札幌市の安産祈願 – 北海道神宮 (ほっかいどうじんぐう)

北海道札幌市、円山公園のそばにある北海道神宮は北海道開拓の守護神、開拓三神が祀られています。1964年までは札幌神社という名称で親しまれていました。

-->

北海道札幌市の安産祈願 北海道神宮

北海道神宮は明治2年に北海道と開拓と守護のため、開拓の守護神として大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ) の3柱が祀られたのが始まりです。

当時樺太・千島に進出を進めていたロシア帝国に対する守りのため、北海道神宮の大鳥居は北東の方角を向いています。末社には開拓神社があり、北海道開拓の功労者も多く祀られ、北海道の開拓の歴史を感じることができる神社です。

昭和になり、北海道鎮護の神を祀るように勅を発した明治天皇も北海道神宮に祀られるようになりました。その頃、札幌神社から北海道神宮へ社名が変更されました。

北海道 北海道神宮

北海道 北海道神宮

北海道神宮での安産祈願に予約は必要ありません。受付時間が午前9時から午後4時までなので、その間に受付に行き、受付を済ませましょう。

初穂料は5000円、1万円から選ぶことができます。祈祷自体に変わりはありませんが、1万円を納めた場合は御札に願意と記名をいただけます。

授与品は御札、御守り、御神酒、腹帯などになります。本殿には椅子が用意されているので、妊婦さんも楽に祈祷を受けることができます。本殿も広いので、付き添いの方も一緒に中に入ることができます。


北海道神宮へ実際安産祈願へ行った方の口コミ

北海道神宮妊娠5カ月になった最初の日曜日に北海道神宮へ安産祈願へ行ってきました。特に戌の日ではなかったのですが、休みの日だったため少し早目に家を出て9時半ごろに着きました。車で行きましたが、駐車場はまだまだ空きがあり、そんなに混雑している感じではありませんでした。

初穂料は5000円と1万円がありました。私たちは5000円の方を選びましたが、1万円の場合は自分の名前と願意が書かれたお札をいただくことができるようです。待合所も本殿もとてもきれいでした。本殿はとても広く、椅子もあるため座って祈祷を受けることができます。正座をしなければいけないところもある中、体調が悪い時にはとても助かると思います。

祈祷は私たちの他に安産祈願の方が2組、他の祈願の方が2組の合計5組で行われました。時間は20分ほどで終了したと思います。祈祷が終わった後は御札や御守り、御神酒や腹帯をいただき帰ってきました。

北海道神宮安産祈願に5ヶ月の戌の日に行きました。祈願料は5千円からでしたので5千円つつみました。授与品の中に腹帯もありましたが、自分が使っている腹帯を先に渡しておくと、一緒に祈祷してくれました。戌の日ということで、たくさんの妊婦さんがこられており、他にも百日のお参りや新車の祈祷という人もいました。

時間は特に決まっておらず、前の祈祷が終わった時に待っていた人が全員グループで祈祷される感じでした。神主さんや巫女さんがいる中で厳かな雰囲気で行われました。ただ、上の子供も一緒に連れて行ったため、静かな雰囲気に馴染めずちょろちょろしてしまい、ちょっと大変でした。

終わった後には安産のお守りや産まれた後に飲む清酒、臍の緒を入れる箱などをもらいました。
お金を払えば、その後記念写真を撮ってくれるサービスもしていましたよ。

北海道神宮詳細

北海道神宮の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒064-8505 北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
電話番号:
011-611-0261
受付時間:
9:00 から 16:00 予約は必要なし
祈祷料:
5000円、1万円
最寄り駅:
地下鉄円山公園駅(東西線)下車 徒歩15分
JR 札幌駅からタクシー 15分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.hokkaidojingu.or.jp/

北海道神宮周辺のグルメ・ランチ情報

北海道札幌市にある北海道神宮周辺のランチ、グルメ・レストラン情報です。


SAMA 北海道神宮前店

平均予算:1,100円


レストラン コートドール

平均予算:12000円(ランチは平均3000円)


暖龍 宮の森店

平均予算:ランチ1000円 ディナー2000円


円山別邸

平均予算:ランチ2500円  ディナー7000円


料理屋 素 円山公園

平均予算:15000円~20000円


nature cafe EARTH

平均予算:500円

スポンサーリンク
関連記事