神奈川県川崎市の安産祈願 – 神鳥前川神社 (しとどまえかわじんじゃ)

神奈川県横浜市青葉区にある神鳥前川神社は静かな住宅街の中に鎮座し、1187年武蔵国桝杉城主、稲毛三郎重成により創建されたと伝えられています。

神奈川県川崎市の安産祈願 神鳥前川神社

神鳥前川神社のご祭神は武神日本武尊(やまとたけるのみこと)とその妃弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)になります。

もともとは白鳥前川神社と名付けられていたそうですが、いつの頃からか「白鳥」が「神鳥」となり、今の神鳥前川神社という名になったそうです。

この辺りの地名が「しらとり台」なのも、これに由来するものなのでしょうね。

武神日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀る神社の多くは「鷲(おおとり)」や「白鳥(しらとり)」など鳥の付く社名が数多くあります。これは武神日本武尊(やまとたけるのみこと)が逝去した際、白い鳥に姿を変え飛び立って行ったという故事によるものです。

神奈川県 神鳥前川神社

神奈川県 神鳥前川神社

神鳥前川神社では夫婦の神様が祭られていることから、安産・子授け祈願に訪れる方々が多くいます。境内には、安産・子授けの御神徳のあるお社がいくつかありますので、安産祈願の後にお参りすると良いでしょう。

拝殿の左奥にある仙元社(せんげんしゃ)は富士の神様でもあり、安産の神様でもある木花咲耶姫命が祀られています。炎の中で無事出産したと伝えられ、それから安産の御神徳があるとされています。

仙元社の近くには妊婦さんを病気や事故から守ると言われている「守護犬(まもりいぬ)」にもありますので、ぜひ一撫でしてお参りしましょう。無事に出産したお礼参りには、安産のお守りを「守護犬」の注連縄に結んでお返しすると良いそうですよ。

霊峰富士から産み落とされた石とされる「子産石」は石が石を産み増え続けるという言い伝えがあるそうです。今では貴重な石となりましたが、石の貸し借りの風習は残っており、石を借りて無事出産を終えるとお礼の品と一緒に石を返すという風習があります。

神鳥前川神社での安産祈願は当日か前日までにでも一度電話で連絡をすると、スムーズに待ち時間少なく祈祷していただけるとのことです。

初穂料は5千円、7千円、1万円となっており、祈祷木札は初穂7千円からの授与となります。お正月や七五三など混み合う時期は祈祷の時間が決まっていることもあるそうですので、一度電話で問い合わせてみましょう。

神奈川県 神鳥前川神社

神奈川県 神鳥前川神社


神鳥前川神社へ実際に安産祈願へ行った人たちの口コミ

神鳥前川神社詳細

神鳥前川神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒227-0054 神奈川県横浜市 青葉区しらとり台61-12
電話番号:
045-983-0707
祈祷料:
5千円、7千円、1万円
最寄り駅:
田園都市線 田奈駅徒歩7分
青葉台駅徒歩15分
JR十日市場駅 徒歩 20分
駐車場:
有 無料 18台ほど
公式サイト:
http://www.shitodomaekawa.com/

神鳥前川神社周辺のグルメ・ランチ情報

神奈川県横浜市 青葉区、神鳥前川神社周辺のグルメ・ランチ情報です。スマホから空席状況の確認やご予約ができます。クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


ジョルニカフェ 玄

平均予算:ランチ:900円/ディナー:1000円


すしの喜八

平均予算:ランチ2000円/ディナー12000円


ニャーヴェトナム 青葉台店

平均予算:昼:1000円/夜:2000円


Grill&Oyster Rico

平均予算:4500円

スポンサーリンク
関連記事