栃木県小山市の安産祈願 – 須賀神社 (すがじんじゃ)

栃木県小山市の須賀神社は、あの天下分け目の戦いにおいて大きな役割を果たした神社として知られています。

栃木県小山市の安産祈願 須賀神社

神社の創建は平安時代中期にさかのぼります。ほぼ同じ時期に起きた平将門の乱、藤原純友の乱(承平天慶の乱)に際して、追討軍を指揮した藤原秀郷公がここで戦勝を祈願し、見事成就したため、京都八坂神社より御分霊を勧請したのが、始まりとされています。

それから100年ほど後に小山城が築城される際、現在地へと遷座されました。

しかし何と言ってもこの神社の名を一躍有名にした歴史イベントが、関ヶ原の合戦でした。

慶長5年(1600)7月、須賀神社境内に急造された仮御殿内で、東軍総大将・徳川家康公は軍議を開き、諸将に今後の意向を確認します。

大河ドラマ「功名が辻」でも見られたように、ここでの山内一豊公の発議が東軍大名たちを結束させることとなり、「上杉討伐」から「天下分け目の関ヶ原」への西上へと舵を切ったわけです。

この小山の地に本陣を置いたのは、源頼朝公の奥州出陣にあやかったためとも言われ、その後も家康公は関ヶ原の合戦のひと月前まで当地に残り、上杉勢を牽制しながら工作活動を行っていたようです。

須賀神社では、安産祈願のご祈祷をしていただけます。当日直接参拝が可能ですが、電話予約も受け付けています。

受付時間は毎日午前9時から午後4時30分まで。その際、初穂料の相場や腹帯の扱いについては直接神社へおたずねください。

最近、拝殿と神社会館を結び、雨天時でも昇殿ができる渡り廊下が完成したので利便性がアップしました。体の不自由な方、車いすの方の通行も可能ですので、安心して御参拝ください。


須賀神社へ実際行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 口コミ
by須賀神社・安産祈願
七五三の時期の安産祈願

私が安産祈願に行ったのは家の近所の須賀神社です。ここは昔から七五三や成人式のときにお世話になっている神社です。安産祈願に行った時期はちょうど七五三の時期でしたので七五三の子たちと一緒の祈祷でした。

朝から予約を入れることが出来、空いていれば30分毎に祈祷を受けることが出来ます。祈祷料は5,000円で腹帯は持参でした。(私はさらしを母が用意してくれたのでさらしを持参しました。)30分程のご祈祷で、祈祷終了後に授与品をいただきました。

授与品は安産祈願のお守りやかつお節が入っていました。安産祈願のお守りは母子手帳と一緒に出産まで挟んでいました。そのお陰か、予定日から10日超過しましたが出産は安産でした。

須賀神社詳細

須賀神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒323-0024 栃木県小山市宮本町1丁目2−4
電話番号:
0285-22-0101
祈祷料:
お問い合わせ
最寄駅:
JR小山駅西口から徒歩8分
公式サイト:
http://www.sugajinja.or.jp/jinja/guide.html

須賀神社周辺のグルメ・おすすめランチ

須賀神社周辺のグルメ・レストラン情報です。

クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


割烹 たる池

平均予算:4000円


和食の店 新八

平均予算:4000円~5000円


Bistro Poivre 本店

平均予算:2500円(通常平均)/3500円(宴会平均)/1200円(ランチ平均)


芳寿司

平均予算:5000~8000円


にぎり屋 新門 小山店

平均予算:3500円

スポンサーリンク
関連記事