東京都世田谷区の安産祈願 – 駒繋神社 (こまつなぎじんじゃ)

東京都世田谷区にある駒繋神社(こまつなぎじんじゃ)は、源頼朝公が戦勝祈願をしたとされている源氏ゆかりの由緒ある神社です。古くから、子の神・子の明神と呼ばれて、安産と縁結びの神様として親しまれてきました。源頼朝がここに立ち寄り祈願した際に、愛馬を繋いだ松を駒繋と呼んだ事から駒繋神社と称するようになったそうです。蛇崩川緑道沿いにあり住宅街ながら木々に囲まれ自然豊かで、朱色の神橋が印象的な神社です。

子の神・子の明神、安産と縁結びの神様 駒繋神社

詳しい創建は不明とされていますが、「武蔵風土記稿」にも記されている駒繋神社はこの時代にも有名な神社だったそうです。

天喜4年(1056年)に源義家と父である頼義が奥州の安部氏征討に向かう途中に武運を祈願したとされ、それ以前に村人たちによって出雲大社の分霊を勧請し守護神として祀ったと伝えられています。

御祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)です。縁結び・安産で知られていますが、御名の意味は「おゝ(大)な(土地)むち(霊)」といい、大きな土地の守護神・国土の主領神を意味しています。御神徳あらたかな神様です。

東京都世田谷区の安産祈願 駒繋神社

駒繋神社での安産祈願のご祈祷に予約は必要ですが、予約受付の時間の中の12:00~13:00は準備のためご祈祷は受けていません。

駒繋神社には腹帯の用意はないそうです。、腹帯は使いやすい物を何枚でも良いそうですので必ず持参しましょう。

また、素足や短パンなどは社殿に入れませんので、ご家族の服装にも気を付けて出かけましょう。

初穂料は5千円でお祝いの包みもしくは封筒に入った物をお供えしてからご祈祷を始めます。

授与品はお札とお守りですがお守りはピンクと白の2種類あって選べるそうです。住宅街を入り組んで歩かなければなく分かりづらい場所にあるので、バスで下車して徒歩3分の方が分かりやすく、楽ですのでお勧めします。


駒繋神社詳細

駒繋神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒154-0002 東京都世田谷区下馬4丁目27−26
電話番号:
03-3414-8369
受付時間:
10:00 から 15:30 予約は必要なし
祈祷料:
5千円から
最寄り駅:
渋谷駅から渋32~34のバスで「駒繋神社」で下車徒歩約3分
東急東横線 祐天寺駅西口から徒歩約15分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.komatunagi.jp/

駒繋神社周辺のグルメ・ランチ情報

東京都世田谷区にある駒繋神社周辺のランチ、グルメ・レストラン情報です。空席状況がスマホから確認できます。


かくれ家 はなれ

平均予算:6000円


焼肉芝浦 三宿店

平均予算:5000円


貴味

平均予算:4000円


焼肉 かくれ家

平均予算:5000円

スポンサーリンク
関連記事