滋賀県長浜市の安産祈願 – 大浦十一面(おおうらじゅういちめん)腹帯観音堂 

琵琶湖の最北端に位置する滋賀県の長浜市に「大浦十一面(おおうらじゅういちめん)腹帯観音堂」があります。大浦の里と呼ばれるこの地域は、今でも観音信仰が根付いているため「観音の里」とも呼ばれています。

安産の御利益があるとして知られる 大浦十一面腹帯観音堂

十一面腹帯観音菩薩は平安初期に延暦寺の開祖である伝教大師が一刀彫で彫ったものと伝えられています。

元々は他のお寺に安置されていたのですが、1570年の姉川の戦いの際に戦火を逃れるために境内の蓮池に沈められました。

その後長い間引き上げられずに観音菩薩は沈んだままだったのですが、88年後に神職によって無事に発見されたそうです。

その後大浦八幡宮社内に安置されていましたが、明治時代に現在のお堂に移されました。

高さ約160cmの観音菩薩は少しお腹が膨らんでおり、お腹を包むように腹帯が巻かれています。

観音菩薩に巻いていた腹帯を妊婦にわけ与えたところみんなが安産だったという言い伝えが残っているほど、古くから安産祈願のご利益があると信仰されてきました。

近年では皇后美智子さまがご懐妊されたときに、大浦十一面腹帯観音堂の腹帯を献上し礼状をいただいたことで全国的に有名になりました。

滋賀県長浜市の安産祈願 大浦十一面腹帯観音堂

安産祈願を希望される場合は、事前に電話で連絡を入れてください。

事前に腹帯を持っていくか郵送しておくと安産祈願の日まで祈祷していただけます。

持ち込まなくても3300円納めると観音菩薩に一週間巻かれて祈祷した腹帯をいただくこともできます。


大浦十一面腹帯観音堂詳細

大浦十一面腹帯観音堂の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒529-0721 滋賀県長浜市西浅井町大浦632番地
電話番号:
090-5256-8143
祈祷料:
3,300円
最寄り駅:
JR湖西線 永原駅より徒歩15分
車でのアクセス:
北陸自動車道 木之本ICから車で20分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://11haraobi-ooura.wix.com/home

大浦十一面腹帯観音堂周辺のグルメ・おすすめランチ

現在表示できる情報はありません。

スポンサーリンク
関連記事