静岡県富士宮市の安産祈願 – 富士山本宮浅間大社

静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社は、その昔富士山の噴火を鎮めるために祀られた神社といわれています。

安産の神様を祀る 富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

社伝によれば、今から2,000年以上前の第7代孝霊天皇の時代に富士山の大噴火があり、人々の暮らしが長きにわたって荒廃しました。

この惨状を憂いた第11代垂仁天皇により、山霊を鎮めるため浅間大神を祀られたのが神社の起源となります。

といっても初期の頃は神社らしく場所を決めて祀ったわけではなく、山麓の適切な場所で祭事を行っていた、というのが正しい表現のようです。具体的な神社の形になったのは、その後第12代景行天皇の時代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)により、「山宮」(現・山宮浅間神社社地)に移されてからだといわれています。

さらにその後大同元年(806)、神社は坂上田村麻呂公によって現在の大宮に移されました。もともとそこは「富知神社」があった場所で、入れ替わりに社地を譲った形になります。

これは大宮の地が富士山の湧き水が豊富な場所で、噴火を鎮める「水徳の神」を祀るのに適していたからだとされています。

静岡県富士宮市の安産祈願 富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

ご祭神の浅間大神は別名「このはなさくやひめのみこと」で、安産・子安の神として大変有名ですし、またそのお名前にちなんで、境内には500本もの桜の木が植えられており、ご神木として親しまれています。

富士山本宮浅間大社では、安産祈願のご祈祷をしていただけます。一般の方の予約は必要ありません。直接授与所にお越しください。受付時間は午前8時30分から午後4時30分まで。

初穂料は5千円からで、お神楽奉納は1万円から。腹帯は各自で用意されたものを持ち込めばお祓いしていただけますし、また神社でも別途授与しています。


富士山本宮浅間大社へ実際行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 口コミ
by富士山本宮浅間大社・安産祈願の口コミ
戌の日だったので混雑していました

私たち夫婦が安産祈願に行ったのは、富士山のふもとにある静岡県の富士山本宮浅間大社です。ここはパワースポットとして知られているため、噂を聞いて神奈川から向かいました。

戌の日ということで、県外からもかなり多くの方々が来ていて、混み合っていました。なお、腹帯はこちらで用意していったのですが、神社でも授与してくれます。

受付で祈祷料5千円と、腹帯を預け、お祓いをしてもらいます。待合室はリニューアルされたばかりでとてもキレイで広々していました。妊婦さんもやさしい作りで気に入りました。祈祷自体も丁寧で、身の引き締まる思いでした。帰りに美味しい富士宮焼きそばが近くで食べられるのもポイントです。

富士山本宮浅間大社詳細

http://fuji-hongu.or.jp/sengen/

富士山本宮浅間大社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒418-0067 静岡県富士宮市宮町1-1
電話番号:
0544-27-2002
受付時間:
8:30 から 16:30
祈祷料:
5千円から
最寄り駅:
JR身延線富士宮駅から徒歩で10分
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://fuji-hongu.or.jp/sengen/

富士山本宮浅間大社周辺のグルメ・ランチ情報

富士山本宮浅間大社周辺のグルメ・ランチ情報です。スマホでレストランの予約、空席状況の確認などができます。お得なクーポンがあるお店もあります。


志ほ川 本店

平均予算:1500円


お好み焼天国 みっちゃん家

平均予算:1000円~1500円(お酒込み:3000円程度)


うたちゃん

平均予算:600円~1200円


さの食堂

平均予算:600円


味飲鮮

平均予算:2000円

スポンサーリンク
関連記事